FC2ブログ
2016/01/07

ライトで照らして気泡を見やすくする

タイトルの通りです。写真にすると、こう。

背中部分気泡


後ろから、ゼブラライトで照らします。ライトは明るさが100ルーメン位あるLEDのライトならなんでもいいです。光が透けるので気泡が見えます。パーツを抑えたまま、ニードルでガンガン掘ります。
穴の形状を丸から長穴にするような気持ちでえぐると、パテが詰めやすくなるように思います。隠れ気泡も微細気泡も全部掘ります。
うそです。メッチャ細かくて埋まってるのはそのままにしました

下記は以前作ったチノの頭部です。これはわかりやすいですね。
集合体恐怖症の人は閲覧注意です。クリックで拡大します。
DSCN2659up.jpg



DSCN3284up.jpg

光硬化パテで埋めました。パテは240か400のペーパーで処理します。
撮ってませんが、この後もう一回細かい気泡を埋めてます。全体のペーパー掛けも一緒にやります。400のペーパー→スーパーファインの順です。

靴のカカト部分も
DSCN3294up.jpg
埋めて
DSCN3295up.jpg

埋めやすいトコはまあ結構気泡がありましたが、髪の毛先とか、指先とかが比較的キレイ(親指先端ないとかその程度)だったので、楽しい範疇で終わりました。
いや、サフ吹いたらまたちょこちょこ出てくると思いますが。今日はこのへんで。





関連記事

コメント

非公開コメント