FC2ブログ
2016/03/02

ガールズ&パンツァー劇場版を観に行ってきました

01.jpg


ガラにも無く、映画なんぞを観てきました。何年ぶりかな(^_^;)
しかも4DXです。席が動いたり、水や風が出てきたりするアレです。


テレビシリーズは、いつだったかの再放送で観てハマって、
何度か見返す程度でしたが、いや面白かった!

こんな所でネタバレした所で、どうなるものでもありませんが、
なるべくネタバレしないようにあらすじを交えて面白かった点をいくつか。


話は大洗女子学園の勝利で終わった全国大会後の、
大洗町で行われたエキシビションマッチから始まります。

大洗女子学園と知波単学園(初登場)の混成チーム対
グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チーム。

ここでの見どころは、リアルな町並みを戦車が爆走しながら戦うシーンでしょうか。
実際の町並みを描いたものだと思いますが、視点の高さが戦車目線だったり、鳥瞰だったり、
日常の風景を、見慣れない高さから映しているのが面白く感じました。
ドローン等を使って実際の町並みを空撮したのを絵にしたような感覚でしたね。

そしてプラウダ高が初使用?したソ連の戦車、KV-2の火力。
ド迫力のシーンがありました(・_・;)


そしてエキシビションマッチが終わり、戦った皆さんで温泉に。サービスシーンですな。
ここでの見どころは、髪の長い生徒達が、各々違う方法で髪を巻いている所。
これは、事前に見どころの一つとしてどこかで見ました。


その最中、放送で呼び出しが掛かる大洗女子の生徒会長である角谷杏。
先に上がった生徒会長を残して、学校に戻ると・・・。

劇場版の公式のあらすじで書いてるのがここまでなので、これ以上は面白かった点だけ。


廃校になった田舎の高校へ移動するシーンで実際茨城で使われているバスが。

数年前会社の研修で茨城へ行った際、バスの中で突然
「皆さんこんにちは!ガールズアンドパンツァー、西住みほ役の~」
とアナウンスが始まって、
ニヤニヤを隠す為に難しい顔をしなきゃいけなかったのを思い出したりw
ラッピングでもされていれば、心の準備も出来たものを。


サンダース大学付属高校のC-5Mスーパーギャラクシー輸送機のハッチ?が開いて、
中が写っているシーン。(杏会長が「サンキュサンキュー!」とダブルピースしてるシーン)
殆ど一瞬しか写っていませんでしたが、細部が詳細に書き込まれていて、絵で欲しい程でした。


内部が空洞の大きな金属が、ぶつかった時の音がリアル。
詳しく書くとアレですが、何度か、よくこんな音が出せたな~と思うようなシーンが。


新しく出てきた高校が使用したフィンランドの戦車BT-42が、
機動力で大型の戦車を翻弄するシーン。
履帯が外れてもガンガン走って、「クリスティー式を舐めるなよ!(うろ覚え)」アレは燃えた(^^)
何だか色々含みのある初登場の高校でした。


ほかにも幾つかあったんですが、どうしてもネタバレになるので割愛。


全体通してよく出来ていて、これは円盤出たらすぐ買うレベルの面白さでした。
テレビシリーズも何度も観ても楽しめる作品だったので、ガレキ作ってる時にヘビロテできる予感。



そして4DXの感想ですが、思ったより動く!
稜線を超えるシーンとか、席ごと上~下~左~右~。
シートクッション、シートバックの中にもいくつもモーターが入っていて、
戦車が近づいてくるシーンや、被弾した時なんかに派手にヴァイブレーションが。
背中を叩くモーターも入ってたな。

シートバックの耳の高さに、エアの放出口があって、
主砲がかすめるシーンなどでプシュッ!プシュッ!
となかなかリアル。
ただこれは、放出が後ろから前に向かっているので、やや不自然な印象も。

丘で戦車のハッチから顔を出したまま走るシーンなどで、本当に風が(^_^;)
何段か風量が調節できる様子。これはリアルだった。

水しぶきが上がったり、雨のシーンでは、予想外な量の水が降ってきたり
(これは手元のスイッチでオンオフできる)
余談ですが、泥水が跳ねるシーンで出てきた水が、一瞬汚く感じたのは面白かった。
そんな訳無いんですがw

お風呂のシーンではシャボン玉が。これ需要あるかなあ?w
煙を模した水蒸気が上がるのは良かった。


と、4DXならではの楽しみ方もありました。
ただかなり動くので、じっくり静かに見たい人には不向きかも。

何気に風が強いのも結構鬱陶しいと感じました。
あと2時間も揺すられるとかなり肩が懲ります(^_^;)
これはアレかな・・・トシが・・ゲフンゲフン!



ちなみに視聴記念品はもらえませんでした。
まあ、予約しなきゃ観られなくて、レイトショーが満席になる位ですから。
カチューシャとノンナのが欲しかったな。


今までで一番長文の記事がガレキではなく映画の感想というのもアレですが、
まあアニメの話と言うことで。

今日はこのへんで。
関連記事

コメント

非公開コメント