FC2ブログ
2016/02/02

ジゼル・アラン&アルセーヌその1

では次のガレキを組み始めます。

前にもちょこっとだけ書きましたが、作りかけのガレキがあるので、次はそれを取り上げたいと思います。

TEIJIさん(GSプロジェクト)の「ジゼル・アラン&アルセーヌ」です。

fgで作成中の作品を見かけてから1年位待ったのかな?2015年2月のワンフェスで頒布されたものを喜び勇んで買ってきました。



ジゼル・アランとは、笠井スイ先生がハルタに連載しているコミック、ジゼル・アランの主人公の女の子です。アルセーヌは飼っている猫です。

大資産家を親に持つおてんばなお嬢様のジゼルがなんでも屋を始めるという話で、このキットはコミック一巻の表紙がモチーフになっています。

元絵がこれ↓
img358.jpg




そして仮組みした写真がこちら↓ちょろいは気にしない方向で。ええ。
DSCN2896up.jpg




とんでもなく精密なキットで、襟とか袖の模様の作り込みはすごいわ合いは完璧だわで、

「なるほどこれもデジタル造形なんだな・・・」なんて単純に考えてましたが、よく考えたらこれ、

製作途中の写真ではポリパテで作ってあったんですよね。極めると人間の手でこんなに精密な物が作れるようになるんだなぁと感心しました。

ともあれ、いつから仮組みで止まってるんだと写真の日付を確認すると2015年6月・・・ここから12月まで殆ど進んでません(・_・;)

その間に別のキットは3つ組みましたが(笑)

なぜこんなにモチベーションが上がらないかというと、

窓辺に腰を掛けているシーンをモチーフにしている故に、かなり高さのある台座が必要だからです。

作っても載せる台座がないぞと。

作例では箱型に組んだ木の上に長方形の台座を載せて高さを稼いでいますが、

締め切りなどに追われていない組む側サイドとしてはもう少し格好いいものを作りたいなと漠然と考えていました。

そして一ヶ月程試行錯誤し・・・あまりにもうまくいかないので木工のプロである所のQさんに相談した所、すごい台座をチャチャッと作って提供してくれました。

単純に台座と呼べない程の出来のシロモノです。妙なプレッシャーが・・・(笑)

色塗りがこれからだったり、小賢しい装飾を少々やろうかなと思うので、そちらに関してはキットが組み上がったら紹介します。


とか公言して後に引けなくなった所でせっせとキット組みます。今日はこのへんで。
関連記事

コメント

非公開コメント