FC2ブログ
2019/07/21

伊予ヶ岳 黒潮文化の流れを汲む山

こんばんは。
山登り記事第・・・四弾?
めっきりアウトドアに傾倒してますが、まあいいでしょう。
私のブログだっ!(スイマセン


さて、今回も地元の千葉の山です。
今回は南房総市にある伊予ヶ岳
に登ってきました。


伊予と言えばかつての愛媛県な訳ですが、
なーんで千葉の辺境の山にこんな名前がついたんだろうと思っていたんですが、
黒潮(日本海流)に乗って人々が移住してきたという事なんですね。
そういえば社会の授業で習ったような。・・・そうでもないような。

調べると千葉の勝浦、和歌山の那智勝浦、和歌山、伊豆、千葉の「めら」など、
房総半島の南側と、他の日本列島から突き出た地域とで似た名前の地名がいくつもあります。

大昔は陸路よりも、潮の流れに乗れる海路の方が交通手段として優れていたという事なんですねえ。

頭のイクナイ私の社会の話はさておき、山登りをしていきましょう。
とは言え千葉ですから、やはり標高は300メートルちょい。
今回はどんな山登りになったんでしょうか。


まずは登山口。
まむしに注意!だそうですよ。
DSC_4765up.jpg
ブログ書いてる今、初めてこの看板読んでますが、
ちゃーんと山の名前の由来が書いてありますねww
愛媛県に石鎚山(伊予の大岳)ってのがあるんですね。
いつかそっちの本家(?)にも行ってみたいですね。





ちょっと登ってきました。
この日はものすごい暑かったですね~。
DSC_4767up.jpg





ハイキングコースはここで終わりだそうですが、
まだ20分位しか登ってないのにここで引き返す人がいるとは思えませんw
DSC_4768up.jpg





おーう。ほとんど壁ですやん。
DSC_4770up.jpg





この方が高度感がわかりやすいですかね。
初めての鎖場に腰が引けてるたまよし。
1561549240566.jpg





やまゆりがひっそり咲いてます。
鎖場の下まで香っていたのは君かね。
DSC_4771up.jpg





あっさりと40分位で山頂!
DSC_4783up.jpg





良い景色だなー。
向こうに集落が見えます。
DSC_4778up.jpg





もうひとつのピークから。上の写真は、
あのあたりから撮ってました。
DSC_4785up.jpg





ピストンで下山して帰り道に撮った一枚。
あんな所に登っていたんですねえ。
DSC_4792up.jpg





最後に山頂でちゃんとしたデジカメで撮った一枚。
DSC04496up.jpg



という訳でお手軽に登れる千葉の伊予ヶ岳でした。
・・・今回の記事、くだらない前置きのが長くないか!?
・・・まあいいでしょう。


ではまた。

関連記事

コメント

非公開コメント