FC2ブログ
2019/06/13

キャンプギアを自作してキャンプに行った話

もはやこうして記事を書いていても、「自分のブログだ」
という認識も薄くなってきてる程に放置していますがこんばんは。

ここ半年はアウトドアに傾倒してまして、
このブログに書くべきかどうか迷うくらいに模型と関係ない事ばかりしてました。
ですが生存確認程度に、何をやっていたかくらいは書いても良いかなと
思いますので、まとめて記しておきます。



今回はとりあえずキャンプの話をば。


18年12月
年末キャンプに行く準備として、ファイアスターターの柄とストライカーを自作。
メイプルとウォールナットの端材を45度に切り出し接着。・・・写真は接着前ですな。
DSC04272.jpg





四角い材から始めて、四角→八角→十六角目くらいかな?
DSC04279.jpg





三十二角目。材の硬さが全然違うので意外と難しかったです。
ちなみに失敗に失敗を重ね3本目ですw
ボード用カンナが活躍しました。素人向けで良いです。あとはヤスリで。
DSC04283.jpg





だいたいこのくらいで勘弁してやろう(涙目)
ボール盤を使った訳では無いんですよという証拠画像でもあります。
DSC04284.jpg
この時期、お手手の精度ってどんなもんだろう?と気になっていて、
とにかく手作業でやってみたかったんですね。





外周は手作業、溝と肩をボール盤を使って削って完成!
スターターはSKS3という鋼材の棒きれを炙って叩いて伸ばして鍛造で作りました。
DSC04308.jpg





鍛造時のようす。6ミリの材を3ミリくらいまで潰したんですが、
硬いのなんのって。炙ってるとは言え相手は鋼ですからw
ハンマリングしすぎで翌日ヘンなところが筋肉痛にw
DSC_0083up.jpg





そして満を持しての年末キャンプ。忙しくて写真なんて撮ってる暇も無く・・・w
山梨県の道志村でのキャンプだったんですが、まあ寒かったですね。
冬用の装備を揃えて望みました。

荷物は満載!
DSC_0095.jpg





わがままなオジサン三人はそれぞれソロテントをたてますw
たまよしテントは一番右の。オガワのステイシーST-Ⅱ。
DSC_0102.jpg





料理。リア友でブロとものQさんの腕が光るっ!
ちゃっかり自作のナイフとファイアスターターが写ってますね。
DSC_0108_20190607092720cef.jpg



行ってきた感想ですが、
冬に高地でキャンプをやる場合、防寒は最大限気を使うべきだと身にしみました。
標高は700メートル程度でしたが、氷点下の中、風に吹かれると、
身の危険を感じる程寒かったですw 





年はかわり19年2月、またしてもキャンプのための道具を自作したい病気に。
という訳で、今度はナタを作ってみました。

SKS3という合金工具鋼の板材を、モノタロウで買いました。厚みは6ミリ。
スケッチした絵をマグネットで貼って切り出し。
DSC04264.jpg





刃付け前。焼入れ前の生の状態(?)でこのくらいまで攻めておきます。
あんまりギリギリまで薄くすると焼入れで歪んだりボロボロになったり
するそうです。
DSC04336.jpg





焼入れ。この鋼材はオイル焼入れなので、
ド派手な波紋がつきました。
DSC04338.jpg





完成!ちなみに完成までに2ヶ月かかってますw
柄は花梨の瘤杢を大胆に使用!(商品説明文風)
DSC04378.jpg





刃の方は5000番まで仕上げ、コピー用紙がシャーっと切れるくらいに。
ナタなのでかなり鈍角に刃をつけましたが、なかなかの切れ味。
下の3ミリくらいのキラキラした部分にだけ、刃がついてます。
DSC04360.jpg





そして満を持してワンフェス後の19年2月に伊豆へキャンプに。
南伊豆町の「キャンプ山の家」へ。道のりについても、
左は山、右は崖。すれ違い?できませんが何か?
みたいな道路を含め3.5時間。ドライブとしてもなかなか楽しかったですね。



まったくもって何も伝わってこないと思いますが、
こんなところでキャンプをしました。
伊豆半島の南西の端っこの方で、本当になんにもないところでした。
DSC04470.jpg





夜の様子。光入りすぎw ソニーのRX100+ゴリラポッドでシャッター30秒。
こんな写真でアレですが、街灯ひとつ無く本当に真っ暗なところでした。
DSC04424t.jpg





星がきれいでした!
こちらも同じカメラ&設定で。車の屋根にカメラを貼り付け、
「フィギュアスケートの最後のポーズ」みたいな感じにして撮りました。
が、かなりノイジーですね。多分、このカメラでももっと上手に撮れたはず。
なにしろ寒くてガスヒーター使いながらの撮影でしたのであまり余裕がw
DSC04461.jpg





もう一枚。
なかなか実際見たようには撮れませんが、非常に綺麗な星空でした。
DSC04448.jpg

ちなみに湿度のせいか、明け方ものすごい寒くなりましたw
シュラフが湿気って保温性が下がったんでしょうね。




最後にに自作ナタの切れ味でも。よく切れている様に見えますが、
相手が杉ならある程度重さと厚みがあれば何使ってもこんな感じに割れますw
[広告]






もういっちょ!うーん。
小型のナタとしてはまあまあといったところでしょうか。
[広告]






二度ほどキャンプ行っての感想ですが、
キャンプというのはエクストリームな環境でやる方が楽しいと思うので、
暖かくなるといっそ行く気が無くなるのが面白いですねw

次はいっそ、もっと寒いところでやりたいですな。



という訳で、自作のキャンプギアを持って二度ほどキャンプに行きました。
というお話でした。次回は山の話でも。



ではまたm(_ _)m
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰してます!

ナタの切れ味半端ないですね!
柄がカリンというのもまた…!
キャンプって夏にするものと思われがちですが、暑いわ虫は多いわで楽しくないんですよね(^_^;)
寒い時期のキャンプ、おおいにアリだと思います。

Re: No title

さかえ21さん、こんにちは。

ご無沙汰しておりますm(_ _)m
ブログの活動をちゃんとされている方の所へは、
なんとなく気まずくて訪問もしてない今日この頃です^^;

ナタは適当に作った割には切れるようになりましたw
コブ杢の柄なら衝撃に強いかなーという理由でカリンを選んでみました。

そうなんですよ。冬はそれに加えて人も少ないので、
キャンプにはうってつけの季節かと思います。
・・・とゆるキャンのしまりんも言ってた気がしますw



コメントありがとうございました!m(_ _)m