2017/10/19

ご飯茶碗を金継ぎしてみよう その4 錆研ぎ~塗り

こんばんは。
だいぶ更新をサボってますが、作業は進めてます。本日も金継ぎ。
というかとっとと終わらせてドライブースを空けないと、ガレキの方の塗装に入れません(;^ω^)



前回、錆漆を盛った部分の続きから。盛り付けから3日位で完全乾燥したので、
彫刻刀と400のペーパーで研ぎました。





外側はこんな感じ。やはり、ぼこぼこしてるので難しいですねぇ。
それと、錆漆に混ぜる砥の粉は「砥石の粉」なので、もんのすごく切削性が悪いです。
非常に硬くて彫刻刀の刃が鈍りまくりです(;´Д`)
DSC03428up.jpg




ヒケやす穴を埋めたりして、何度か錆漆を盛り付け→乾燥→研ぎ出しを繰り返します。
これは3回めの盛り付け。いちいち乾燥に時間がかかるので、なかなか進みません。
ただ、薄~く、部分的に盛るとかなり早く乾きます。2~3回めは割りとサクサク。
DSC03430up.jpg




諦めと妥協の産物が出来上がった所で次の工程、弁柄漆の塗り。
その名の通りベンガラで着色されてます。視認性が良いから色がついてるんでしょうな。
これはメチャクチャ塗りやすかったです。エナメル塗料に似てますが、更に乾きが遅い感じ。
DSC03441up.jpg




外側。はみ出してる錆漆は、使用過程で取れていくんじゃないかなとか、
テキトウさ全開な感じです。
DSC03442up.jpg



あと記事にして2回くらいで、私のご飯茶碗は完成しそうです(^o^)
頼まれた白っぽい湯呑みも、1回めの錆漆まできてるので、いずれまとめて記事にします。
やはり二回目なのでかなり勘所が分かってきた感じ。




そして更に頼まれ物(;・∀・)
磁器の花瓶です。九谷焼?水が漏れるという事です。
DSC03436up.jpg





ははぁ。ゴッツいヒビが入ってます。倒したんでしょうな。
横倒しにすると、ちょうどこの辺りが当たる様です。
いっそ割れてて欲しかったw 
DSC03438up.jpg




水が漏れない程度のヒビを「にゅう」と言って、
テレピン油で溶いた漆を毛細管現象で染み込ませる方法もあるらしいんですが、
そういうレベルじゃないので割ってしまうことに。テキトウな角材を3本噛ませて、
横向きに入れた材を上から金槌で叩きます。ゴム手袋は滑り止め。
DSC03439up.jpg





ぎやあああああああ\(^o^)/オワタ
細かい破片が写ってませんが、予想を遥かに超えて10分割しました(^q^)
磁器は固いし、ヒビが4方向に入っていたのである程度覚悟してましたが、
収拾付かない程バラけてしまったwただでさえ大きくて難しいのに、これは大苦戦の予感。
DSC03440up.jpg



うわーどうしようかなといった所で次回へ持ち越しです。
とにかく早急に、私のご飯茶碗を終わらせてしまいましょう!

今現在同時に3つの陶磁器の補修をしてる訳ですが、
本当に模型を触ってる時間が全然取れなくなってしまったので(;・∀・)


毎度代わり映えしない写真ばかりで飽々してるかと思いますが、
今日はこの辺で失礼します。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!

ご飯茶碗は何だか「味」が出て良い感じですね!(^^♪

、、、花瓶、、、
ホントにぎゃぁぁぁぁぁぁぁ~なくらいバラバラになってしまいましたね、、(;^_^A
これはまた大変な作業になりそうですね(・_・;)

No title

こんにちは~
このご飯茶碗の継ぎ目の部分がどの様な仕上がりになるのか気になりますね~!!
早く完成を見たいです(笑)

そして磁器の花瓶は見事に粉々になりましたねぇ~(驚)
自分なら完全に諦めるレベル・・・
元に戻る事を祈ってます!
では、また~

No title

こんばんは。

お茶碗徐々にいい感じになって来てますね。
これは結構仕上がりがキレイになるのでは…と、勝手に考えています。
あー…下の粉々になったカラフルな花瓶ちゃんは…(汗)
うーんどうしてこうなった!
仰るようにえらい苦戦しそうですな…。

焼き物とか見ると、警察退職してから備前焼職人になった祖父を思い出します。
自作に妥協しない人でちょっとでも焼き上がりが気に入らないと容赦無く叩き壊してた…(汗)
僕も気に入らない絵が出来るとあっさりボツにするのはきっと血だなぁ~と感じてます。

Re: No title

14roeさん、こんばんは。

ご飯茶碗の方は、少なくとも強度は申し分ない感じになりました。
見栄えは・・・どうでしょうかね~(^O^;)
もうすぐ「金蒔き」の工程に入れるので、ちょっと絵面も面白くなると思います。

花瓶の方は、今回は二液のエポキシを使う事にしました。
今日時点で、とりあえず元の形へは戻りましたw
数日待って、水漏れのテスト後、漆の工程に入れるかなという所です。


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

テツさん、こんばんは。

勝手がさっぱり分からず、あまり良い出来にはならなそうですが、
工程ではもう少しで完成です!
早く金を蒔いてギラギラさせたくてウズウズしてますw

花瓶の方は、今日時点で元の形へ戻りました。
飲食に用いない器なのでエポキシを使ったんですが、
あれはあれで扱いが難しいですね~(^_^;)
ご飯茶碗の記事に混ぜると訳が分からなくなるので、
花瓶は単体でまとめて後日記事にします~m(__)m


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

いぬふりゃ☆さん、こんばんは。

お茶碗はもうちょいで完成です!
とは言え2週間近くかかる予定ですがw

花瓶の方は、水漏れしてる状態ではどのみち使えないので、
とりあえず割ってみました。隙間が出来る位だと筆で漆か何か流し込めそうですが、
ヒビから漏れるとなるともう割るしか無いなという苦渋の選択で(;´Д`)

いぬふりゃ☆さんのお祖父様は備前焼の職人さんになったんですか!
それは恐らく警察に勤務してた時点で相当お好きだったんでしょうねぇ。
いぬふりゃ☆さんもその性格を。なるほど、妥協しないというのは強靭な精神力が要りますよねぇ。
私ですか?私は常に「これはこれでなんか味があっていんじゃね!?OKOK!」ですw


コメントありがとうございます~m(__)m