2017/04/08

九五式軽戦車 後書き

こんばんは。

本日は、九五式軽戦車を塗るに当たって参考にした資料などを
まとめてご紹介。よろしければお付き合い下さい。
いくつかは他所様のブログで紹介されていたのを参考に購入しました。


「美少女フィギュアなんて軟派なもの塗ってるヤツのブログで私のブログを紹介されたくねーYO!」
な可能性を考えて、どちらを参考にさせてもらったかは伏せますw
いつも楽しく記事読ませてもらってます。ありがとうございましたm(_ _)m




「AFVプラモカタログ2016」
こちらはいつも拝見させてもらってる方のブログで取り上げられていました。
資料になりそう!と購入。
DSC02704up.jpg





中身はこんな感じでした。九五式はこのページだけですが、
組み方と使った色なんかが大変参考になりました。
DSC02705up.jpg





「土居雅博の戦車モデル・マスターDVD」
こちらもこの所お邪魔させてもらってる方のブログで紹介されていたのを購入。
プロの方の作業風景を動画で見られて勉強になりました。
DSC02709up.jpg




アハトゥンクガールズ&パンツァー2
これは元々持っていた本。
DSC02708up.jpg





左上の上下左右前後からの絵が、迷彩模様の際に大変参考になりました。
DSC02707up.jpg





モデルグラフィックス2016年9月号
汚しの記事全般を参考にしました。(できたとは言ってない(;・∀・)
DSC02703up.jpg





そして最後にネットで拾った写真を2枚。多分どちらも九五式ですよね?
言い方は変ですが、現代のカメラで撮られているので高解像度です。
033769aa.jpg





これは転輪のタイヤの色くらいしか参考にはなりませんでしたが、
長い年月を経てこのような佇まいを残しているという事に、
色々考えさせられるものがあります。
58445fbc.jpg
前照灯は後ろも向くんだなとか、鉄板の厚みはこんな感じなんだなとか、
色々分かることも。





オマケのオマケ。
M・・・2?3?というやつでしょうか。小さそうな感じ。
履帯が可愛いですな。
f2defff5.jpg





オマケのオマケのオマケ(ゲシュタルト崩壊
やはり好みの形。なんだかさっぱり分かりませんがw
シルエットは九五式に似てそうな感じでしょうか。
297d06c2.jpg





これらの悠久の時を経た(大袈裟w)戦車たちは、ここでたくさんまとめられていました。
様々な国で放棄されて、自然に還っていっている様は、なかなか情緒があります。
他の方の塗装や何かの参考にもなるかなと思ったので一応ご紹介。
こちら→ ※海外のサイトが開きます



では今日はこの辺で失礼します。

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
朽ちていく戦車の貴重な写真に見入ってしまいました!
オマケのオマケはM5 スチュアート軽戦車っぽいですね。この軽戦車に日本の中戦車は勝てなかったという悲しい現実…(ーー;)
海外サイトも素晴らしいですね!お気に入りに登録しちゃいました。
占守島の新砲塔チハ?は僕の地元の北海道を守ってくれたのかと思うと感慨深いです。

No title

思い出しました。
サイパンで見ましたよ。
案外に小さかったです。

No title

こんばんは。
AFV関係の資料や雑誌、ムック等沢山発売されているのですね~カーモデル1本だったので知りませんでした。

朽ちている画像はなんとも切ないですね~。

Re: No title

さかえ21さん、こんにちは。

おおっ!あっという間に答えが!
いやあ、「M3ってやつだと思います(キリッ」
とか知ったかぶりしなくて良かったですw
機銃だか副砲塔だかが特徴的だな~なんて思ってたんです。

北海道といえば、Shikotan-Russiaと書いてあるのが
少し複雑な気持ちに(^_^;)このあたりの話は私の場合、歴史の勉強から始めないといけませんがw

元々は日本のまとめサイトで見つけたんですが、
翻訳元のページの方がたくさん写真があったのでそちらを紹介してみました。



コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

hippoponさん、こんにちは。


サイパンといえば、日本とアメリカが壮絶な戦闘を繰り広げた場所ですし、
まさに私が塗っていた九五式かもしれません。
羨ましいです(^_^;)その為だけに・・・いや、貧乏な私は写真で我慢しますw

しかし本当に色々考えされられますね。
サイパンでの戦いだけでも本がたくさん出てるみたいですし、
一冊位読んでおこうかなという所ですね~。

コメントありがとうございます~m(__)m


Re: No title

黒幕ぬぽさん、こんにちは。


私も色々見ていて、ずいぶんたくさん出ているものだなあと思いました。
フィギュアの本も、もっとたくさんあれば・・・なんて、書くネタがありませんかねw

故障や何かで棄てられる場合もたくさんあったという事ですが、
それでも、この戦車に搭乗していた兵士の方々はどうなったんだろうとか考えると、
なんとも言えない気持ちになります。



コメントありがとうございます~m(__)m

No title

こんにちわんこ。

いろいろ資料を参考になさったのですね。
僕も飛行機作る時に「世界の傑作機」シリーズをよく見たりしてました。
作風はほぼオリジの方向で…。
飛行機は飛行機で奥が深いですが、戦車もかなり深そうですね。
僕は今でも3号戦車が好きですね。
T-34には泣かされたそうですが…。

No title

遅ればせながら九五式軽戦車の完成おめでとうございます(*'∇')/゚・:*【祝】

今回のプラモ製作は、迷彩模様のつけ方など大変興味深かったですφ(・_・”)メモメモ
それにしても勝奈さんもしっかり研究して勉強されているんですねぇ|ョ・д・)スゴイ.....
さらにプラモ製作を通して史実に触れていくというのもとても素敵なことですね(*′□`*)

Re: No title

いぬふりゃ☆さん、こんばんは。

資料については、未知の模型を作るに当たっては必須だろうなと、
制作前に買ったりしました。何しろ組む順番すら分かりませんでしたのでw


飛行機もまた、大変に深いジャンルなんだろうなと思いますね~。
いぬふりゃ☆さんのおかげで、飛行機組んでみたいぞ欲もムクムクと湧いてきております(;^ω^)
三号線車がお好きと聞いて思ったのですが、意外と皆さんものすごい強い戦車は
お好みでないのだなあと思いました。
何となく応援したくなるような、そういう気持ちなんでしょうか。


コメントありがとうございます~m(_ _)m

Re: No title

kunchanさん、こんばんは。

ありがとうございます!
毎度の事ながら始める前は「どうなるんだろう?」と思ってますが、
意外と毎回乗り切れているというか逃げ切れているといいますかw

資料については何しろセンスが無いので、お手本が無いと塗れないのです(^_^;)
フィギュアのガレキもそうですが、まっさらな状態から完成が想像できないのですよね~。
必ず誰かの、何かの真似をしています。
ただ最近は、始めは皆そうなのだろうと開き直ってる気持ちもあります。

太平洋戦争のルポで、既に一冊買ってみてますw
読み終えたよ!と、感想をご報告できれば良いのですが。


コメントありがとうございます~m(_ _)m

No title

こんばんは~。
遅くなりましたが、九五式完成、おめでとうございます!
一般的なウェザリングバリバリの戦車模型ではなく、ガルパン仕様の仕上がりも自分にとってはとても好感が持てました。色々と考え、ともすれば気持ちがが沈んでしまう「戦争」よりも、今はやはり「戦車道」が良いです。
いろんな資料で研究されていたんですね。
紹介されていた資料の記事、とても興味深く読ませてもらいました。モデルグラフィックスは自分もこの号、買ってます(^^)
自分も資料を使う機会があったら紹介してみたいなと思いました。タートルは何も気にせずに、好きな色で楽しんだので(^^;
福田ちゃんも楽しみにしています!

Re: No title

f-stormさん、こんばんは。

ありがとうございます!
今回はガルパン仕様というか、あっさりとした感じにしてみました。
あまりコテコテにしてしまうと、
福田ちゃんが乗った時に合成写真のように浮いてしまうだろうなあという懸念もありましたので(^_^;)


資料については今回、他所様のブログを拝見して知ったものが多かったので、
そういう意味でも紹介記事を書いてみました。
私が自分で見つけた訳じゃないですよ~。といいますかw

タートル君は、色が入ったと思ったら早くも完成ですね!
素晴らしいアレンジだと思います。パッケ絵からは想像もつかないポップさ!
そちらでちゃんとした感想書かせてもらいますm(_ _)m


コメントありがとうございます~m(_ _)m