FC2ブログ
2017/04/01

九五式軽戦車[ハ号] その6

こんにちは。
今日は履帯を組むところから進めます~。


転輪はゴム部分をタイヤブラックで筆塗り。
DSC02626up.jpg





シーソーの部分を組んで、履帯を組み立てていきます~。
DSC02627up.jpg





マフラーのヒートガードですが、せっかく真鍮製なので塗装はしない事に。
作例では迷彩色が付いてますが、ここは好きにやらせて頂きます。
DSC02615up.jpg





もちろんそのままではおかしいので、ガンブルー液で黒染めします。
こちらですね。銅や真鍮用の黒染め液です。
DSC02616up.jpg





染めてます。脆くなるので染まりきったらすぐ水揚げw
DSC02617up.jpg





ムラが欲しいので、ハンダ用のフラックスを筆でちょいちょいと。
DSC02622up.jpg





酸が強いので、そこだけ黒を落とせます。
こんな感じ。良いかなと言うところでざっと水洗いして完成!
DSC02624up.jpg




残すは装備品などの小物です。
下地は暗い色なら良いかなと、余った色を混ぜて吹きました。
その後、アクリルガッシュなどを使って塗りました。
DSC02638up.jpg

以下、複数色以上書いてあるのは全て適宜混ぜて塗ってます。

ツルハシの刃はランプブラック→銀さん。
柄はバーントシェンナー、バントアンバーで。ランプブラックで木目を付けました。
スコップは刃がオリーブグリーン、ランプブラック、その後に銀さん。バーントシェンナー等でウエザリング。
柄はツルハシと同じ色。
ジャッキは下地に吹いた色をそのまま。穴になる部分をランプブラック、
頭の部分をタミヤアクリルクロームシルバーでちょいちょいとドライブラシ。
その後銀さんをうっすらエッジに乗せました。
ジャッキに差し込む棒はランプブラック。その後に銀さん。手で握る所を光らせるつもりでムラを。
末端はバーントシェンナーで。
牽引ワイヤーは両端はオリーブグリーン、ランプブラック、ビリジアン。
ワイヤーをランプブラック、グレイッシュグリーン、銀さんで。
錆びはワイヤ途中と両端のカシメ付近にバーントシェンナーを少々。

ドハデに緑が塗られているのは車体へのクランプです。、
アクリルガッシュを車体の迷彩色に近づけて塗ってます。



並べて見るとかなりキレイなままですね。
車体の方も、大体この位のちょい汚れくらいで行きます(^o^)





上記のパーツを組み付け、差し当たり組み立ては完成!
キレイな戦車の出来上がりです(^o^)
DSC02640up.jpg





後ろから。
ランプ類は、塗装の前に筆塗りしてマスゾルでマスキングしてありました。
履帯は、銀さんを使ったらピッカピカに(;^_^A 後で少し大人しくさせる予定です。
DSC02641up.jpg


次回からはウエザリングに入っていきます~。
やり過ぎない程度にと気を引き締めて取り掛かります!
っとそう言えばデカールもまだでした。

では今日はこの辺で失礼します。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

まさかのガンブルーをするとは…
既にご存知かもしれませんがガンブルー用のブルー液は元々古い金属製品などに施されているクラシックな黒染めをし直すためのものです。普通に使う分では2~3倍ほどに希釈して使ったほうがいいかもですね。
次デカールを張ったらクリアですが、その前に一旦つやありクリアを吹いたほうがいいです。表面がつや消しだとデカールがシルバリングを起こしやすいためですね。
さらに上にクリアを吹くときも同様に、一旦つやありでクリアを吹いて、さらにその上につや消しを吹くとキレイに仕上がります。

Re: No title

JUNROさん、こんばんは。

ガンブルーを記事に取り上げるのは、以前ジゼル・アランのキットを作った時、
看板と窓の取手に使用して以来ですw
今回の目的は綺麗に染め上げる事では無かったので、
原液に、しかもドボンという荒療治を行いました(^_^;)
ケースバイケースで、薄めた液を綿棒で擦ったりして色をつけたりもします。

デカール前後のクリア吹きはちょっと前に「昭和怪獣ランド」さんのⅣ号製作記事を拝見していて、
真似してそのようにする予定でした。でもご指摘ありがとうございます!
いつもご助言に助けられてます(^o^)
特にこのあたりの模型は完全に「ずっとJUNROさんのターン!」
ですしwこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m


コメントありがとうございます~m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん、こんにちは。

ありがとうございます!

やはりやり過ぎない程度ですよね~。
泥なんかの汚れは無しで、古い戦車をレストアして大事に乗ってる様な風にしたいと思ってます。
洗車したてのせんsy・・・ゲフンゲフン!

こういう時には一回思考をリセットというか、落ち着かないと視野が狭くなりがちなので、
様子を見ながら進めていきたいと思います。でないとついついやりすぎてしまうので(;´Д`)


コメントありがとうございます~m(_ _)m

No title

おはようございます。先日はコメントいただきありがとうございました!
模型製作に関してはあまり知識がないので、いつも感心しきりで見させてもらっています。
実は95式軽戦車が大好きなので、最近は特に楽しく読ませてもらっていました(*^_^*)
軟弱な中国戦線の路面、船舶輸送が必要な太平洋の島嶼戦と、苦戦しながらも戦う姿がたまらんです。
製作では、黄色い帯が入った南方迷彩の塗装が見事ですね!
特殊アイテムを使ったマフラー周辺の処理も凄い(゚o゚;;
ウェザリング編も楽しみしています!

No title

こんにちは!

おおっ、カタチになってきましたね~!
こうしてみると95式ってやっぱり可愛い系の戦車ですね(笑)
しっかしヒートガードや小物類にそこまで…こだわりが凄いですねぇ~。
僕のバヤイはこういう系の迷彩だと、どうしてもドイツのBF109辺りを連想するんですけど…。
デカール類は貼ってから上からクリア仕上げでしょうか??
そういえば何ていったかな、アレ…
デカールを定着させるためのスプレーみたいなもんがあるんですが、
アレをデカールの上から吹いたら剥がれないしテカテカにもならないしでいいんですが…
何て言ったかな、アレ…うーむ(汗)

Re: No title

さかえ21さん、こんにちは。

超絶キュートなこまちさんとほおずきさん&戦車&ジオラマの記事を拝見して、
コメントせずにはいられませんでしたw

こちらへいらっしゃるのは何となくネタがお好みとマッチされたのかな~なんて思ってましたが、
九五式に思い入れがお有りだったのですね(^o^)
しかもサラっと出てくる軍事ネタが濃ゆい!身が引き締まるような気持ちです(^_^;)
あれは南方迷彩というのですねφ(.. )


もう本当にミリタリーのミの字も知らないような人間が塗っておりますが、
何とか皆様のお眼鏡に適うものに仕上げられればなと思っています。



コメントありがとうございます~m(__)m

No title

知らない世界どんどん踏みこんめて、有難いと思います。

No title

知らない世界にどんどん踏みこめて、有難いと思います。

Re: No title

いぬふりゃ☆さん、こんにちは。


ようやく組み上がりました!
何しろ初めてなもので、どういう風にするのが正道なのかよく分かってないんですが、
あんまりピカピカ光らせると隠れるのに不利だろうと、金属パーツも鈍色にしました。

デカールは、貼る前に一回クリアコートでテカテカにしてます。
自分一人では思い付きませんでしたが、色々な方々の記事やアドバイスを参考にしながら進めてます。
カワイイ系で良いんですよね!?これはなかなかキュートだぞと、思わず手に乗せたりしましたw

定着させるスプレーですか!
ちょっと探してみます!が、多分マークソフターだけで行けそうかな?と思ってます。
実際の作業も記事のすぐあとで止まっているので、まだどうなるか分かっていないんですが(^_^;)


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

hippoponさん、こんばんは。


拙い工作ばかりですが、何かのお役に立てれば幸いです(^o^)
これで他の皆さんの様に実車の知識や、どういう戦い方をしたなんて事が分かるとなお良いのですが(^_^;)
その方が塗装も汚しも、よりリアルにできるのだろうなとも思います。


コメントありがとうございます~m(_ _)m

No title

こんばんは、完成お疲れ様です。
少しずつ形になっていくところを拝見してましたが、良いですね。
まだ戦車は作ったことがないので参考にさせていただきます。

Re: No title

黒幕ぬぽさん、こんばんは。

ありがとうございます!
次回からはウェザリングという所です。明日か明後日には記事にできると思います~。
私は車の模型を組んだことが無いので、いずれはチャレンジと思っています。
衝動買いしたアバルト500があるのですがなかなか(;^_^A


コメントありがとうございます~<m(__)m>