2017/03/18

九五式軽戦車[ハ号] その2

こんばんは。

私としては意外なほどサクサク進んでいますので、一回記事にします。
次々進んでる時は、記事への上げ時が分かりませんなw


さておき、前回は下部転輪、履帯を残して車体下部を組みましたので、
本日は上半分です。


まだ途中ですがこんな感じ。
これだけ載せてもどこを組んだのか、どの位バラバラだったのか分かりませんが、
結構バラバラでしたw 上半分は細かい部品が沢山ありましたね~(^_^;)
DSC02534up.jpg





前から。2つ写ってるハッチの取手を真っ直ぐ付けるのが意外と難しかったです。
1個、ゲート切り離した瞬間にどこかへすっ飛んで行ったのは内緒です(^_^;)
予備パーツがあって助かりましたw
DSC02531up.jpg






主砲は~。
DSC02535up.jpg





穴を空けました。0.5→1.0で。最後に2.0でちょっとだけさらってラッパ状に。
ちょっとセンターがズレましたが、無理矢理中央へ寄せて事なきを得ましたw
DSC02537up.jpg





砲塔あたり。これで13パーツ。案外細かい部品が集合してました。
キューポラは、二分割されていたので合わせ目消し中です。
インテリア色は、組み立て前に筆塗りする予定。お試しでちょっと塗ってますがw
DSC02539up.jpg





大きいパーツが揃ったので、塗装の持ち手を付けてます。
持ち手が足りない&ブースに入らないので、とりあえずこれだけ。
すんごいピンぼけですので、雰囲気だけお伝えできれば(^_^;)
DSC02541up.jpg





そしてとりあえずサフを。クレオスのグレーの1000番です。
普段使わなくて持て余していたのでここぞとばかりに投入w
しかしプラスチックはサフのノリが良いですね!
こういうのを塗料の食いつきが良いというのでしょうか。
DSC02543up.jpg
例によってスーパーピンぼけでスミマセン!
固定はしてた気がしますが、コレはF値が足りませんでした。



上半分を組み始めて、とても小さいパーツはゲート処理も難しいんだなと、
初めて知りました。指で保持できないパーツなんて触った事が無かったので、
良い勉強になってます。

ただ、プラスチックというのはとても優秀な素材なんですね。
小さくてもキチンとした形だし、とても細くてもグニグニしない。
デザインナイフの刃で削げる位の適度な硬さで、塗料のノリも良いです。
すごいぞ。プラスチック。



与太話はともかく、
今は上の写真の状態から処理の甘かった所なんかを再度手直ししてる状態です。
お次は色を塗り始めるか、履帯を進めるか。
まだまだ小さいパーツがたくさんあるので、ゲート処理しながら考えます~。

小さいパーツと言えば、ジャッキとかマフラー、スコップなんかは塗装も楽しみですね!
特に、マフラーみたいな金属感を出すように塗るのは初めてかもしれません(^o^)
フィギュアでは渋いメタリック表現をあまりやらないので、今から心踊ります!



今日はこのへんでm(_ _)m
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ!

いや~楽しそうですな(^^)
無いものねだりですが、人様の楽しそうなプラモ制作を見てると、つい疼きますね~。

ガレキからプラモだと塗料(特にサフ)の食いつきに感動するでしょうね。
自分はパーツ洗浄をした事が無いのですが、まず剥がれる事は無いですね。
なので、仕上げの塗装が凄い楽しいと思いますよ。

そして最後は汚すんですかね?
その工程も楽しみにしています。

ではでは~

Re: No title

petyさん、こんにちは。

なるほど、やはりこれが食い付きが良い状態なんですね!
素材と塗料の密着感がとても良いのを感じます。
普段レジンと金属位しか塗装しないので、
サフを吹いてるだけでも楽しいのは不思議な感覚ですね~。

最終的に汚しも少しやると思いますが、
塗装が経年劣化してる程度が良さそうかな?と思ってます。
作中でも割りと小綺麗に描かれていましたし。


コメントありがとうございます~m(__)m

猛反発まくらに目が行ったのであった

こんばんわ。ゆっくり進んでるようですね!

戦車キットは一見単調に見えるけど実は細かいパーツがいっぱいありますからね。案外処理が適当でも迷彩やつや消しで救われることも多いです└(*'ω'*)┘

ガレキと違い、プラは素材が油分を持つことがないし、何より塗料がプラに文字通り食いついて剥がれにくくなりますからね!楽ちんです!

ガルパンは基本的に実際の戦場と違って試合後はしっかり洗車してそうですからね。焦げ付きや塗装ハゲが出るだけといったところでしょうか。

No title

こういう時間が取れるようになりたい、、
その時はブログやめてると思うけど、
うらやましい~

No title

おはようございます。

愚僧もガルパン戦車組んだことありますが、ファインモールド製は細かいですが組みやすいですね。
某ドラゴン製は予備部品、不要部品満載でお得ですけど組むのが地獄ですから。

後、壁紙!!www

Re: 猛反発まくらに目が行ったのであった

JUNROさん、こんにちは。

プラは塗料を薄めに溶いてゆっくり低圧で吹くのが良さそうな感じでしょうか(^o^)
この、部品をあらかた組んでから塗装というのも初めてです。
キューポラと前後フェンダーは後からにするので、迷彩の柄がずれないように気を付けねば(^_^;)

汚しはこう、古い車体を大事に使ってますみたいな感じが理想ですね~(できるとは言ってない)
その前に迷彩なんて塗った事がないので、恐らくはそこで七転八倒するはずですw


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

hippoponさん、こんにちは。

平日に取れる製作時間は平均すると45分位ですかね~。
皆さんと比べてどうか分かりませんが、もっと時間があったらな・・・
といつも思います(^_^;)
そのぶん休日には取り返してますがw


hippoponさんみたいに毎日記事を書いておられると、
相当な時間を割かれていそうですね!
私ですら、ブログを始める前と比べて模型の時間が減ってますし。


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

キノコ=サン、こんにちは。

さすがに幅広く作っておられますね!
ドラゴンというのは良く耳にしますね~。
確かに私の組んでるこのキットは、
とても良く考えられてるなあと思う部分がたくさんあります。
パテも数ヶ所しか使ってませんし、良いメーカのキットを選べたようです(^o^)

猛反発まくらは、以前ネットで拾ったものです。
相当に笑えたのでお気に入りなのですw


コメントありがとうございます~m(__)m

No title

おおっ~!本格的なプラモ制作ですねw(*゚o゚*)w
フィギュアガレキだけでなくスケール模型も作るのですね(´ω`)
勝奈さんがどのように作り上げていくのかとても楽しみです(*'∪'*)

Re: No title

kunchanさん、こんにちは。

実はこの手の模型は、今回初めて作るんです。
色々勉強になって良いんですが、
きちんと仕上がるかはまだ不明です(^_^;)

ただ、予想を遥かに越えて楽しい(!)ので、
これからも時々プラモを製作していきたいと思います。
あとは飾る場所の問題をどうにかしなければいけませんw


コメントありがとうございます~m(__)m



No title

こんばんは!

続きがUPされていないのについ気になってお邪魔してしまいます…(笑)
この連休で、ひょっとしたらだだだっ!と制作とか進まれたんでしょうか…。
細かいパーツの加工とか大変そうなのでゆっくりまったりですかね。

サフ吹きって、やってると無性にムキになります。
これはこだわり過ぎる性格ゆえなのか…。
どうせ上から塗装して見えなくなるんですけどね(笑)

さて…どんな色に塗装されるのか楽しみです!
まさか目も眩む様なショッキングピンク!…は無いでしょうね。(*>ω<)o

Re: No title

いぬふりゃ☆さん、こんばんは。

続きが気になるなんてありがたいお言葉を頂戴しましたが、
土日祝は全て仕事でして(^O^;)
ヘボな進捗ですが、本日一回記事にします~。

迷彩難しそうだし真っピンクとかに逃げて・・・なんて、
知波単学園の九五式をピンクに塗り上げたら、
もう誰も私のブログを見に来てくれなくなってしまう事が予想されるので、
ちゃんと公式設定色に挑戦する予定ですw

サフ
私と正反対なんですね!私は「テキトウでいいやどうせ見えないし~」
で後で「ザラザラじゃねーか誰だこんなんでOK出したのは!」となるクチですw
なので、恐らくいぬふりゃ☆さんのやり方が正道かと思います(^_^;)


コメントありがとうございます~m(_ _)m