2017/02/09

ひつじっこ その6

こんばんは。

水着までたどり着く予定でしたが、写真が5枚になっちゃったので一回記事にします。
進み具合は全然なんですがw
前回ひづめを塗った所まででしたので、次は靴下の赤ラインとリボンから。


まずはリボンを。ディープクリアレッドでシャドー。
結構ちっちゃいのであまり複雑にはできませんでした。
DSC02237up.jpg





靴下側をマスキングしてオーバーコート。
フィニッシャーズのディープレッドとディープクリアレッドを3:1で。
DSC02240up.jpg





リボンも同色でオーバーコートしてこんな感じ。
リボンの方は、シャドー入れた甲斐があるくらいにはなりましたかね~。
DSC02241up.jpg





次に赤ラインの上にもう一本ラインを入れます。
縞パン技法(今回は3本貼って、真ん中のマスクをはがす)で
0.8ミリの線を塗りました。FS15044を単色で。
DSC02248up.jpg





ボタンをエナメルの黒で筆塗りしました。
DSC02250up.jpg





アクリルガッシュではみ出し修正して、いったん完成!
リボン仮組み~。あとは艶を調整して終わりかなという所。
DSC02271up.jpg



下地処理の段階でモールド掘りを真面目にやってなかったツケがしっかり回ってきました。
レタッチしたんですが赤や濃紺が綺麗なラインになりません(^_^;)
逆テーパーな位に掘っておくべきだった・・・。

そしてこの部分、靴下?それとも足・・・?ひづめがある部分は足でしょうねえ。
肌色の足~ひづめ間の白い部分は何なんでしょ?リボンはともかくボタンついてるし。
それともこういう形の靴なんだろうかw謎は深まるばかりです(?_?)


まあこれっぽっちも面白くない記事ですいません。
次こそ水着です。比較的早めに記事にできるはずです(^o^)


今日はこのへんで。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんわ、可愛いリボンが付きましたね!
こういう細かいのは何度もマスキングしては剥がしてで大変ですね><
しかし仮組み段階から気になっていたこの足、やっぱり蹄だったんですね。蹄だったら先が2つに分かれてるだろうに…と思ったらモールドで再現されてた!細かすぎて仮組みではわかりませんでしたね><

No title

おはようございます!

自分も手間を手抜きして、完成品で泣きをみる経験・・・多々あります(悲)
そうなるって知っててやってる部分もあるんで、自分に呆れます(汗)

着々と完成に向かってますね~
塗装終わっての組み終わった姿、
楽しみにしてます(笑)
では、また~

Re: No title

JUNROさん、こんにちは。

マスキングもフィギュア塗装の醍醐味なのかな?とは思いますが、
ある程度以上の難易度になると楽しくなさそうですよね(^_^;)
チェックのプリーツスカートとか想像の時点でちょっとイヤですw

足のひづめ、実はこのキットの購入の決め手でした(^o^)
の割には塗装が微妙になってしまいました。
真っ黒なものと並べないと、茶色成分が判別できません( ´_ゝ`)


コメントありがとうございます~m(__)m

Re: No title

テツさん、こんにちは。

まさにそうなんですよね!
その場のノリに任せると大抵あとで痛い目にあいますw
まあ大丈夫かな?とか、その時は謎の自信に満ち溢れていて(^_^;)

まあまあ形になってきまして、もう少しでご面相描きに入れそうです!
内容的にはちょうど楽しくなってきた所です(^o^)
今日辺り、胴体らへんをUP予定です~。


コメントありがとうございます~m(__)m