2016/07/23

面白いマンガ&ワンフェス前日

さあて明日はワンフェスですが、ワンフェスと無関係とも言えないマンガをご紹介。



「宝石の国」著/市川春子
DSC01274up.jpg

「人間」の存在が過去になった世界で、
宝石の体を持つ人型の種と、仏像の様な形の月人が戦うという冒頭から始まるこのマンガ。
主人公は秀でたところの無い「フォスフォフィライト」という宝石の子。
真ん中の緑の髪の子。
イチオシはその奥の黒髪切れ長の瞳の「ボルツ」。格好いい!


色々書くと全部ネタバレになりますが、設定が斬新で面白いです。
独特なタッチで描かれる、線の細いしなやかな肢体。それぞれ個性を持つ宝石達。
そして性別が無いんです。一人称も僕だったり私だったり、口調もみんなそれぞれで面白い。
そして強くて美しく、格好いい。
女性の作家さんなので女性人気も高そうです。


昨今のワンフェスでチラホラ立体化されていたので気になって手に取ってみたら
非常に面白かったのでご紹介。アフタヌーンに連載中で現在既刊5巻まで。
もちろん全部読んでしまいました(^_^;)





そしてこちらも。同著者の短編集「虫と歌」
DSC01275up.jpg


こちらはもう、太鼓判を押します。面白いです。
どれも儚げな後味で終わる話を集めた短編集で、こういうの書くの大好きなんだろうな~。
と思わせるような辣腕ぶり。一読の価値ありかと思います。



私だけでは無いと思いますが、こういう作品は強烈にモチベーションを後押ししてくれます。
簡単に言えば感化される訳で(^_^;)

短編集2の「25時のバカンス」も手元にありますが、
モチベーションが下がった時のガソリン代わりに、
シュリンクを破らずに取っておいてありますw





さて、塗ったキットの写真、カタログ、そして少々のお金。
準備は万端、行ってきます!
関連記事

コメント

非公開コメント