2017/01/25

写真を撮らせて頂きました。

タイトルの通りですが、
結晶洞窟(幼師人さん原型)の次回ワンフェス展示品の、
「ねんどろいど要くん」撮影をさせてもらいました。



とは言っても「ねんどろいど風の箱」用の、
素材にする写真を撮らせてもらっただけなんですが(;^ω^)
デザインや箱の方は、キューさんが鋭意製作中との事です。

完全に人様の作品を掲載するのは・・・?とも思いましたが、
ブログのネタも無い&幼師人さんには快諾頂けましたので、
少しですがご紹介させて頂きます~。



「要くん男装ver.」
KANAMEKUNmale attire





「要くん女装ver.」
KANAMEKUNfemale clothing





「けつ顔要くん」
DSC_0821up.jpg





セットで。(同一人物ですw)
KANAMEKUNset2.jpg





アメ
Lollipop.jpg





オマケです。こんな感じで撮ってました。
D5200、マクロレンズ40mm f/2.8G、三脚、リモコンシャッター、照明4ケ、レフ板一枚で撮りました。
OMAKE.jpg

写真がヘタなのは、毎度の事なのでお気になさらず?
静物なんだから、色味が破綻しない位にシャッターをガンガン開ければ明るく撮れるのか!?( ゚д゚ )クワッ!!
とか考えてる位なので、まあお察しという事でw





男装やら女装やらけつ顔やらと、元ネタを知らない人(私も含む)には
なんのこっちゃかもですが、気になった方は、是非是非
幼師人さんの制作中のページをご覧くださいm(_ _)m

・・・ちなみにこの麗人は男の子ですよ・・・!


本日は結晶洞窟は幼師人さん作の、「ねんどろいど要くん」の
写真を撮らせてもらったよ記事(なんじゃそら)でした~。


今日はこのへんで。
2017/01/20

ひつじっこ その3

こんばんは。

原液メタルプライマー→中研ぎ→薄めたメタルプライマーの順で下地を終わらせ、
塗装に入りました(`・ω・´)シャキーン



今日はダウンジャケットを塗ります。
シャドーから。ディープクリアーブルー+フラットベース+クリア。
割合は、うっすら色が乗る位。右が塗装後です。
DSC02187up.jpg





全パーツにシャドー吹き終えた所です。
シャドー色はオーバーコート後にも様子を見ながら吹きます。
DSC02190up.jpg





オーバーコートまで終えた所です。
ピュアホワイトとグレートーン3を2:1で。
単色の白よりも、かなりくすんだ色にしました。
DSC02192up.jpg



時々出てくる「グレートーン何々」は、クレオスの「ザ・グレイ」という、
明るさが4段階に分かれたグレー色のセットです。
白黒混ぜるよりも出来上がりの色がつかみやすいので重宝してます。
CS564 ザ・グレイ←クレオス公式サイトのページにリンクしてます。





最後にジッパーをエナメルの黒で筆塗り→一日置いてジッパーだけマスキング→
ブルーパールを少し混ぜたフラットベースで艶消し→
ジッパーにエナメルクリアで完成!(^o^)
DSC02196up.jpg


今回は、全体的に色数を少なくして寒色でまとめる感じにしようと思います。
その1で紹介したイラストのイメージが素晴らしかったので。ただ、予想の時点で地味なので、
これまでの様なキャッチーな仕上がりにはならないかと思います(^_^;)



台座はアクリル丸を使う予定ですが、少しキラめかせたりしようかな?という所です。
どっちみち、あまりゴチャゴチャさせない方向にすると思います。
藤倉応用加工のラメ粉があるので、それを使うかも?



撮影時にも、少し面白い事をする予定です。(こちらは来月アキバで仕入れてくる予定)
何しろイメージ先行で進みが微妙ですが、今日はこのへんで失礼しますm(_ _)m
2017/01/15

ひつじっこ その2

こんばんは。

今日はひつじっこの続きをやっていきます。
表面処理や多少の隙間埋めについては、面白い写真が撮れなかったので割愛します。
時間は掛かりますが、載せるものがない!表面処理は毎回思いますw


コンパチにする為に、磁石を使ったので今日はそこを取り上げます。
G PARTSのネオジム磁石(丸2ミリ)を使いました。
何かのついでに買っておいて良かった(^o^)
DSC02173up.jpg





軸を打っておいた穴を2ミリまで拡げて、磁石を埋めるだけですw
極性だけ間違えないように気をつけます。
DSC02174up.jpg





体の方も~。
軸打ちと違って少しでも位置がずれると全然ごまかしが効かないので、
位置合わせは慎重に行います。キッチリ軸が打てる方なら難しくないのかな?
DSC02175up.jpg





合体!大体良い?右腕が若干ズレてるようにも見えますかね(^_^;)
もうどうしようもない/(^o^)\
DSC02177up.jpg





ダウンジャケットの方も、磁石を仕込みます。
凸モールドの方はギリギリでしたね。
DSC02179up.jpg



表面処理の終わったパーツをクレンザーと歯ブラシで磨き洗いして水きって~
(離型剤は表面処理前に落としてあります)
DSC02180up.jpg





塗装したくない部分をマスキングして、持ち手を付けて塗装準備完了!
DSC02184up.jpg




今回は、正月休みを2日使って表面処理が進められたので、わりとスムーズに進みました(^o^)
キットもシンプルですしね~。あとは処理漏れがどれ位あるか・・・。

そして今回は捨てサフを吹かないで、
一回目から全パーツにメタルプライマー吹いちゃいます。
(プチッガイで白サフのストックが切れかけてるという理由もあります)

目立つ処理漏れがあれば都度ドボンなので、効率はとても悪いんですが、果たして。
前回の反省を生かして、今回は色も最初に全部決めてしまいましょう!


今日はこのへんで。
2017/01/10

一周年追記

先日紹介の過去に組んだキットですが、
「自分で作った物を、もう少し詳しく書いたらどうか」
という感想が頂けましたので、写真の残ってる範囲で少しご紹介~。




最初は
Go!!!の台座です。アクリルの筒、アクリル棒、色つきアクリル台座を使用。
キットに含まれるのは球体までなので、自立させるのにこういう台座が必須でした。
ただ使用材料含む作り方は説明書に書いてあったので、格別苦労はありませんでした。
go!!!台座01up





光らせるとキレイです。(後ろからライト当てただけw)
離陸します!みたいな状態でしょうか。
go!!!台座02up





ついでに載せてなかった右側。
台座が制作前で、ガムテープに載せてますがお気になさらず(;^ω^)
go!!!右からup





足の辺り。
go!!!足周辺up





乗り物詳細。この時は隠蔽力なんて言葉は知らず、灰サフの上から黄色吹いてましたw
そう考えるとGXキアライエローの発色恐るべしですね(^_^;)
go!!!乗り物up





お次はらぁらさんのサングラス。
ムクでしたが
らぁらグラス01up





くり貫いて~。
らぁらグラス02up





凹みモールドを少し残してこうなりました。薄いし気泡があったので割れて大変だった覚えがw
らぁらグラス03up





ハート形に整形して色を塗った塩ビ板をはめて完成!
色もショッキングピンクに青という妙ちきりん具合で、面白い感じになったかと思います。
らぁらグラス04up





お次は、状態がすこぶる悪かったと書いたチノを少し。
この位だと、私は相当に厳しく感じましたという事でご紹介。
頭部です。裏からライト当てて、隠れ気泡を穿っている所。
チノ頭01up





胴体。段差がきつく、ベルト部は縦にもズレちゃってました(;´・ω・)
チノ胴体up





分かりやすい写真が無くて恐縮ですが、まあ見れる位には修正しましたよ。
チノ途中





最後はチャイカのネックレス。
どうせなので金属で作ってみるかと、リューターに2ミリのアルミ棒つけて削り出し。
2000番まで磨いてバフ掛け状態に。紐を通す穴を空ける方が難しかったですね。
チャイカネックレス01up





メタルプライマー→クリアグリーン→クリアで。
チャイカネックレス02up





上部をカッターで切り離して、0.28ミリのステンワイヤー通して完成!
あまり良い写真では無いですが。
チャイカネックレス03up




以上で前回紹介のキットの、自分で作ったもの等の紹介を終わります。
全然たいしたものでは無いんですが、折角リクエストを頂けたので。

貴重な時間を割いてコメントを頂けるだけで嬉しいのに、
こういったご意見、ご要望を仰っていただけるのは本当にありがたいです(^o^)
何が足りないかなんて、自分ひとりだと分からなくなってきますからね~。



今日はこのへんで。


2017/01/06

一周年!

こんばんは。

2016年1月6日に始めたこのブログは、本日で丸一年を迎える事ができました!
これも見ていて下さった皆様のおかげです!本当にありがとうございましたm(__)m

せっかくなので、ブログを始める前は、
どんなガレキを組んできたのか、まとめてご紹介。


どこへも載せてないのもいくつかあります。
お見せするのをためらう物もありますが、、始めたばっかりの時はこんな感じでしたよと。
キットの紹介などを書きますと、いい加減長くなるので折りたたみます~。
DSC_0663up.jpg

▼続きを読む
2017/01/03

ひつじっこ その1

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
・・・まだ三が日だからギリセーフですよね(;^ω^)


さて、今日から新しいガレキを組み始めます。
クマのボコッガイはどうなったのかと言いますと、
絶賛ドボン中です(^_^;)

サフ吹きにタミヤと造形村の白サフを使ったんですが、
造形村のを吹いた方だけ、合せ目とヒケが強烈に浮いてきてやり直しています。
ちょっとプラスチックには溶剤が強かったかもですorz

しかもIPA漬け3日めにして落ち具合が4割と言った所。
このままただ待つ訳にもいかないので、とりあえず並行でガレキを組むことにしました。


前置きが長かったですが、
リサセッズ(原型KIMA様)の、「ひつじっこ」を組みます。
去年の5月のトレフェスで買ったものです。
こちらも、原型師様オリジナルデザインのキットです。
DSC02142up.jpg






ちょいアップ~。腕のコンパチパーツで、ダウン無しにも出来ます。
なんていうか、オシャレなキットですね~。
キットも絵もパッケージも、素晴らしいセンスだと感じます。
DSC02143up.jpg






パーツ同士で干渉するゲートだけ落として、
エンボスヒーターを使って、合いの悪い所を矯正、
軸打ち。ここまでで4時間位。軸は0.5ミリの真鍮と1ミリのアルミ。
DSC02145up.jpg

「ひつじっこ」というだけあって、巻いたツノ、ひづめなどが良いですね。
ちょっと斜に構えたモデル立ちみたいな感じでしょうかね~。
なーんでしょうね。このPerfumeが流れてそうな空気感は。





ダウン無しも軽く。これだと凛とした格好良さがスポイルされるので、
基本はダウンジャケット有りにする予定です。
DSC02154up.jpg

しかし、ポージングの違和感の無さが素晴らしいです。
後ろに手を組んでるポーズに変更になってるのに、バランス良くまとまってるなあと
感心しました。これはこれで格好いいなあ。





後ろはこうなってます。両腕が1パーツで、後ろ手を組んでいる訳ですな。
多分、指の部分のシャドーとかメチャクチャ難しいだろうな(^_^;)
DSC02156up.jpg

コンパチの都合上、二の腕の合せ目が消せないのも難ですね。
すっごい上手い方なら、お約束の「謎の腕輪」を追加で造形したりするのかも?
ただ、ダウンも後ろで分割になっているので、そちらはどうしようもない感じ。



次回は表面処理ですが、パーティングラインが目立つ所を縦断しているのを除けば、
相当に抜きの良いキットなので、大して時間が掛からないかもとフラグを立てておきますw

ちなみに、水着状態のこのキット、誰かに似てると思いませんか。
超電磁スタンロッドを武器にした極貧天使の・・・。
ネタが古いですかねw

今日はこのへんで。