2016/12/31

遊びに行ってました。


こんにちは。
先日は帰りが零時を回り、訪問が全然できずに申し訳ありませんでした(;・∀・)

28日の夜から昨日まで、リアル友&ブロともの、
「萌えるフィギュアをつくろう?」のキューさんの所へ遊びに行ってきました。

道のりは高速飛ばして2時間くらい。
写真や何かは撮らずに、ドアtoドアでキューさん宅へ。



夜なのでどこへ行くでもなく真っ先に3Dプリンターへ・・・。
これ、実物を見たかったんですよね~。
実際見ると、どうやって動くのか、どういう機械なのか分かりますね~。
DSC02076up.jpg





折角なのでと、何か作って頂けるようです。
DSC02079up.jpg

おーう。音は結構します。モータ動いてますって感じ。
DSC02080up.jpg

これは・・・!
DSC02083up.jpg

大洗あんこうチームの小物入れが出来ました!時間は1時間くらいだったかな?
積層ピッチは、0.2ミリとの事でした。これ以上細かいと、とても時間がかかるようで。
DSC02138up.jpg

あんこうのマークは微調整が必要とのこと。テストショットという事ですな。
良い物をいただきました。何に使おうかな?
DSC02139up.jpg





時系列はバラバラですが、プロジェクターでガルパン見ながら~。
DSC02101up.jpg





ビリヤードやったり。台はキューさんお手製です。パねえ!(;・∀・)
DSC02099up.jpg

左のギター弾いてるのはマサさん。絵を描きます。
この時はExtremeの何かを弾いてましたな(適当
右の玉突きやってるのがキューさん。







今度はお外編。神奈川県小田原市の「まるう」でカマボコを買いました。
中々の盛況っぷりで、車を停めるのに苦労しました。
DSC02073up.jpg

同じく小田原の「鈴廣」なんかは大きなお店と駐車場がありますが、
こちらの「まるう」は通好みというか、穴場っぽい雰囲気がありました。





それにしてもこの辺り、何気ない所から富士山が見えます。
DSC02108up.jpg





大きい!(大きさは一緒
冬季は車で登るルートが閉鎖されてるようですな。
ちょっと行ってみたかったんですが、それはまたのお楽しみという事で。
DSC02107up.jpg





最後に向かった先は・・・。
DSC02117up.jpg





南足柄市の大雄山最乗寺でした。流石に30日の午後ではガラガラでしたな。
今日の夜あたりからは相当に混雑すると思いますが。
DSC02118up.jpg





カラフルなお堂で(^_^;)
DSC02121up.jpg





大雄山は天狗が住むとされているらしく、そっちこっちに天狗様の像があります。
・・・写真撮ってません(;・∀・)
ちいちゃい下駄が可愛らしかったので、下駄だけ撮ってありましたw
DSC02134up.jpg





滝と言えるかはともかく、水が流れていますね。
メッチャ冷たいんだろうな!と思って触ってみたんですが、思ったよりは普通でした(^_^;)
DSC02129up.jpg




写真はここまでですが、滝のそばを登っていくと、
最後に「奥の院道了堂」というお堂へ続く階段があります。
中々どうして長くて急な階段で、ヒイヒイ言いながら登りましたw

この辺りまで来ると、かなり空気が清浄な感じがしますね~。
後で調べたら、標高は600メートル位でした。
車も入ってこれない山頂なので、何の音もしなくてとても静かでした。


お堂のそばでちょっと休憩して、おみくじを引いたら
「小吉」・・・何もかもが平々凡々な私らしいというか何というかw

鳥の鳴き声と水の流れる音位しかしない帰り道、遠くの方で
「プオ~」という法螺貝の音が!天狗か!?w


尻切れトンボな記事でしたが、
そんなこんなでテレテレと遊んできました。

元々はキューさんを交えた友人と、
飲みながら模型談義やアニメなんかの話をしに行った感じなので、
写真でお見せ出来るのはこの位です(^_^;)

何はともあれ、一年のシメにしっかり遊べて満足です。
普段、仕事以外で遊びに行ったりって、年に数回ですからな・・・w


今度こそ、年末最後の記事になります。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さいm(_ _)m
2016/12/28

年末のご挨拶

こんにちは。
ようやく仕事が納まりまして、今日からお休みです。

いやあ、「万策尽きたー!(CV西地修哉)」とか言いたい気持ちでした。
ちょっと大げさですが。(もうだめだとは二度ほど言った)

絶対に当日発送に間に合わせなきゃいけない書類が、
発送締切30分前に上司のチェックを終えるとか、
本当に心臓に悪いのでやめて頂きたいもんですな。
SHIROBAKOの宮森あおいさんばりに車を飛ばしましたよ。

尤もこういう、「目の回るような忙しさ」はキライでも無いんですが。
精神的にも本当にキツイ時は、何を食べても砂の味がしますよね☆


ヨタ話はさておき、
本日夜から数日留守にしますので、少し早いですが年末のご挨拶を。
何を話す訳でも無いんですが、とりあえず今年一年で組んだキットをご紹介します~。
DSC_0630up01.jpg

成果は6体!
結構サボったりしていましたが、ブログを始めた効果か、案外組めた印象です。
では組んだ順番に一枚ずつご紹介~。





今年の一発目。ブログを始めたタイミングで作り始めたキットです。
「GA芸術科アートデザインクラス」の「ノダミキ」さんです。
3×3×3さん原型。筆の金具のメッキ部分が上手くいきました(当社比
DSC_0640up02.jpg






「ジゼル・アラン」の「ジゼル・アラン&アルセーヌ」。GSプロジェクトTEIJIさん原型。
このキットは素晴らしい造形な上、組みやすさまで考慮されていて、
色々な意味で神を見た気持ちに。本のページとカンバンを頑張りました。
後ろの素晴らしい窓辺風台座は「萌えるフィギュアをつくろう?」のキューさんが作ってくれました。
DSC_0635up.jpg





妖精の箱庭の鼠さんオリジナル作品、「プリンセスストロベリー」
プニッとした造形とコンセプトがツボで衝動買いしました。
台座にタミヤのスイーツデコのお皿を使ったり、ひらめきのような体験がたくさんありました。
このキットは、組むのがとても楽しかった覚えがあります。
DSC_0644up03.jpg





キロハナの岩元邦仁さんオリジナル作品「ハゴロモちゃん」
こちらは今年一番精力的に塗ったキットかもしれません。
カタツムリや枝などのショートパーツにもエネルギーを傾注しました。
私の実力から考えるとかなり上級者向けでしたが、
皆様にアドバイスを頂いたりして良い方向へ持っていけたと思います。
DSC_0650up04.jpg





ガルパン劇場版から「アンツィオ三人娘です。©Piece鷹松としゆきさん原型。
不透明色を積極的に使って、肌色以外を重く(影が効くように)したつもりでした。
一体一体は案外小さく分割が少ないので、マスキングでの塗り分けが多かった印象。
DSC_0654up05.jpg




MunchkinのYOKKIさんオリジナル作品、「リトルブライド」。
何と言っても瞳に苦労しました。こんなにドボンしたキットは初めてでした。
実は顔パーツを真下から見ると分かるんですが、実寸での瞳のサイズが左右で全然違います。
正面から見た時に見える面積の都合で、左目のがずっと大きくしてあります。
左右差を持たせる必要性に気づくのにかなりの時間を費やしました。
DSC_0658up06.jpg





番外編というか、キットなのは椅子だけですが、椅子だけ写しても寂しいので。
GROVEのロッキングチェアキット。予定のある休日一日で組んだので、
あっちこっちミスをしてますが、もこさんが可愛いので良しとしましょうw
DSC_0661up07.jpg




これで今年組んだキット6体+αの紹介を終わります。
改めて見直すとメジャー作品が少ないというか、原型師様オリジナル作品が多いというか。

多分、その方の世界観みたいなものに触れるのが好きなんでしょうね~。
(同人誌もオリジナルのイラスト集とかのが好きでしたw)

買っていってる傾向から行くと、更にオリジナルのキットを組む機会が増えそうです。
見ているぶんには、メジャー作品のが思い入れがあって楽しいかと思いますが、
何卒これからも当ブログをご愛顧頂きたく存じますm(_ _)m

最後に。素晴らしいキットを頒布して下さっている原型師の皆さん、
ジャンル問わず素晴らしい作品や思想などの色々なものを見せて下さっている、
訪問していただいてるブログの皆さん、一年間どうもありがとうございました!

のんびりではありますが、来年も面白いものを組んだり、
ご紹介したりしていきたいと思いますので、
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
2016/12/19

雑記

こんばんは。
仕事が年末進行で中々時間が取れませんのでお茶濁し記事でも。
ちょっと早く帰ってこれた日は、ちょっとのスペシャルを作って気分転換を。
月曜の夜から!?と思われるかもしれませんが、私の仕事は土日関係ないので(^_^;)


という訳で、コンビニで見つけたグランドキリンの新商品。
「夜間飛行」なんて書いてますね。「キラッ☆」じゃないですよ。
DSC02052up.jpg

アテはグラノーラです。たくさんコーヒー豆買ったらオマケについてきました。
パンみたいな味のビールかなと思ったので甘いおつまみを。





ラベルにアンバーエールとあります。結構濃い色をしてます。
原材料にカラメルが入ってるやつとよく似た色合いなので、多分似たようなものでしょう(適当
DSC02053up.jpg

麦芽を焦がしてあるタイプのペールエールで、ちょっと苦めでした。
海外の同じタイプのものと比べるとライトな印象なのは、このシリーズ共通みたいですね。
前のIPAもインパクトは薄めでしたし。香りはメッチャ良かったけど。





そして買ったばかりの「ダンまちOVA」を、ここぞとばかりに(^_^)
「ソードオラトリア」がアニメ化ですが、何とかダンまちも二期をお願いしたい所です。
DSC02022up.jpg


今日はこれを見ながら一本だけ飲んで、おしまいにします。


さて、明日ですが会社の忘年会で出先で泊まりなので、
皆様へのブログの訪問ができないかもしれません。

一応タブレットで回れるだけ回るつもりですが、
時間が読めないので一件も回れない可能性も(^_^;)


明後日から通常通りに戻りますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

今日はこのへんで。
2016/12/14

バンダイ HG1/144プチッガイその1

さて、今日からはプラモデルです。

とは言え普通のガンプラについては、FC2ブログ内にも
神がかってる方がたくさんいらっしゃいますので、
逃げて変わり種で行こうと思います。HG1/144プチッガイです。



こちらですね。色は白のが後々都合が良いかと思ったのでミルクホワイトを。
kawaiiパッケージです。硬派な皆さんと違って私は軟派ヲタなので、
対象物が可愛くないと気合が入らないのですw
DSC02017up.jpg





で、なぜこのキットを作ろうと思ったかと言うと・・・。
ガールズ&パンツァーに登場する「ボコられグマのボコ」です。
これっぽく塗りたかったんです。ボコッガイって感じでしょうか(^o^)
gpm-8_01.jpg


ただ、大幅な改造なんかはしないで、モールドを消したり追加したり、
その程度で行こうと思います。あんまり難しい事はできないと思いますし。

何しろ久々のプラモです!

ブキヤのホイホイさんなんかは発売当初パチ組みくらいはしましたが、
ガンプラは20年以上触ってないと思います。
大昔にリックドムを筆塗りで全塗装した記憶がある程度w





余談はさておき開けてみました。皆さんが良くやっておられるランナー紹介ですか。
パーツは全部で24個でした。
ガレキだとそこそこですが、プラモだとメッチャ初心者向けなんでしょうねw
DSC02020up.jpg





このペースだと紹介で一記事終わりそうな感じですが、ともあれ始めました。
んで、ゲート処理とかはともかく素組みしてみました。掛かった時間は45分位。
多分、慣れてる方なら10分位なんでしょう(^_^;)
DSC02027up.jpg





後ろ。なるほど、プレーンヨーグルトのようですな。
どういうコンセプトで出たのか、これは戦えなそうだなあ。
ミサイルの爆風だけで薄汚くなってしまってメソメソしそうです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
DSC02028up.jpg





しかしそれでもロボなので、ぬいぐるみとして塗るにはモールドがメカメカしいです。
一個づつ埋めてゆきます。まず頭。
DSC02030up.jpg

プラモガチ勢の方々は何で埋めてるんだろ・・・。
時々拝見する灰色くなっているのはラッカーパテでしょうか。
多分、プラに合った定番のがあるのでしょうねえ。
良く知らない&待つのが苦手な私は光硬化パテを使いました。





耳との境は、下地が無いのでプラバンを入れてみました。
接着はシアノンで。
DSC02031up.jpg





ナイフと400のタイラーでこんな感じ。プラスチックは柔らかいですな!
レジンと違ってモリモリ削れます。
DSC02033up.jpg


ただ、この時点でサフチェック後に修正出そうな感じが満々です。
持て余してるフィニッシャーズのラッカーパテでも使ってみようかな?





目も埋めました。ボコは丸い目なので。
こちらはハイキューパーツのHアイズを買ってみようかな?
何か無いかなと思って5ミリの砲弾LEDの頭を切ったりしましたが、微妙でした(^_^;)
DSC02050up.jpg





ぬいぐるみらしく、口の(*´・ω・)←みたいなモールドも入れてみましょう。
下書きして~
DSC02035up.jpg





けがき針とエッチングノコで。球面にけがくのはは難しいですね!
ヨレヨレになってしまいましたヽ(・ω・)/ズコー
スミ入れしてNGなら、埋めて塗装に切り替えるかもしれません。
DSC02037up.jpg




いやあ、写真が真っ白白で間違い探しみたいですね。
私自身は真面目に作業してるんですが、絵的にはさっぱり面白くないでしょうねww
できれば今年終わらせたい所ですが、あと2日くらいしか暇な日が無さそうです。
さあて、どうなりましょうねえ。


今日はこのへんで。
2016/12/10

着席もこちゃん

こんばんは。

今日は、ロッキングチェアともこちゃんがご対面。
果たしてフィット感はどうなるのか・・・。



まずはご対面。椅子は1/6サイズとの事でした。比較するとこの位。
moco01up.jpg





さて、自力で座れるのか・・・!
moco02up1.jpg





頑張れ!
moco02up1.jpg





ちょっとやりなおし・・・。
moco03up.jpg





えいっ!
moco04up.jpg





もこ「ふぁいっとーー!!」
ひよこ「いっぱーーつ!」(手伝ってない)
moco05up.jpg





着席!
moco06up.jpg





どや!ひよこちゃん行方不明(;・∀・)
moco07up.jpg





折角のロッキングチェアなので~。
moco08up.jpg





揺らしてみた写真も。
moco09up.jpg





オマケ。箱乗りもこちゃんwith神奈川沖浪裏。
moco10up.jpg





いよっ!
moco13up.jpg





日本一!(日の丸の扇子を持たせたい)
moco14up.jpg






ちなみに、ひざを曲げて座ってもらうとこうなります。
おすましっぽくて大変良いですが、支え無しでは前につんのめりますな(^_^;)
moco11up.jpg



さて、これにてグローブのロッキングチェアキットのご紹介を終わります!
フィット感も、ほぼ良いのでは?と思います。
背は低いけど、この子もちゃんと1/6サイズなんですね~φ(..)メモメモの


余談ですが、ドールって写真撮るの難しいんですね(^_^;)
髪や服が動く事に難儀しました。そしてロッキングチェアも動くw
これ、外で撮ってる方々はすごい技術ですね。今まで眺めてるだけだから知りませんでした(^O^;)


それと途中、デジイチがバッテリー切れでコンデジになったりしてます。
写真の感じが結構違いますがご勘弁をm(_ _)m



今日はこのへんで。
2016/12/08

グローブ ロッキングチェアキット

こんばんは。

先日お迎えしたもこちゃんに、椅子を用意したいと思っていました。
ちょこちょこ探してはいたんですが、案外丁度良いサイズのが見つからず。
この子はドールとしては大きさが半端なのかもなあと諦めかけていたんですが、
やっと良さげなのを見つけました!しかも組み立てキット(^o^)


こちらですね~。グローブと言うお店のロッキングチェアキット、
普通のチェアキット、A4サイズのフローリング。
今回は右下のロッキングチェアを組み立てます。
DSC01966up.jpg





難易度が中級者~とありましたが、結果から言うと結構な失敗をしましたw
こういう作業をすると、自分のヘタさ加減が分かります(^_^;)
まあ余談はさておき続き~。


ランナー?からバシバシ外してこんな感じです。
材はシナベニヤです。レーザーで切ってあるので、断面がこげてますな。
DSC01976up.jpg





それと製造上どうしようもないんですが、ダボは四角になるので、
少しの加工は必要です。
入れる穴は丸だけど、キット側は四角。
これを丸くします。見えないから適当で~とすると後で痛い目を見ます。(見ましたw)
背もたれ、ひじ掛け、足の部分を加工。
DSC01977up.jpg





もう一点。背もたれにアールをつけます。
このちょっと前に、背もたれパーツを足で踏み潰してバラバラに折ってしまう大失態をやらかしてます。
ヒーヒー言いながらボンドで接着しました(←バカ)
DSC01987up.jpg


お菓子の空き缶のフタに針金を巻いて末端をねじって、
中世の拷問器具よろしく背もたれの上部にテンションを掛けました。

加熱は先日kunchanさんのブログで知ったエンボスヒーターで。(ピンクのです)
これは面白いですねえ。吹き出し温度はドライヤーよりずっと高い250℃で、
スタンドで机の上に自立できるようになっています。これはガレキにも便利かも。





あとは色塗りですが、座面とひじ掛け位は銘木にしたいぞと思ったのでこんなものを。
木をうすーく剥いである突板シートです。家具に使われるウォルナットをチョイス。
というか手持ちの家具っぽいのがこれしかなかっただけです(^_^;)
DSC01980up.jpg





座面にボンドを塗って、シートを貼りました。これは裏面ですが、
突板の裏にうす~いビニールが貼ってあって、
ボンドが表に染みないようになってます。
DSC01983up.jpg




ええと、色々と途中を撮り忘れてます。そっちこっち失敗したので、
公開する気がなくなったというかテキトウになったというか(^_^;)
座面はこんな風になりました。そちこちアラが(;´Д`)
DSC01992up.jpg





全体はこんな感じ。背もたれ折れ+丸加工失敗+足の付ける場所間違えでハネマンです。
ま、まあ、機能は果たすはずです。
DSC01991up.jpg





使った色はこちら。ワトコのオイルステイン、ダークウォルナット。
ニス塗って研磨でビカビカにしても良いのかも知れませんが、
各部薄い材で強度が低く、磨くのが大変だろうなという事でオイル仕上げで。
DSC01993up.jpg

何かオマケで頂いたクリスマスツリーも組み立ててみました。こちらはMDFですな。

突貫工事だったと言い訳するにしてもひどいダメダメ具合ですが、
キットは良いものだと思います。でも、ゆっくり作っても何かしらミスはしたかも。


実際に座った写真が撮りたい所ですが、
オイルは乾くのに時間が掛かるので、今現在ドライブースに入れてます。

服にオイルが付いては大変なので、座ってもらうのはまた次回に。
合わせたりしてないのですが、ちゃんと座れるよね・・・ちょっと心配ですが(^_^;)

しかし、ようやくこれで立ちっぱなしのもこちゃんも休んでもらう事ができそうです!
良かった良かったε-(´∀`*)


ではまた。
2016/12/05

最近の目描きアイテム

最近、新しい目描きアイテムをいくつか使ってみて、
使いやすいものを発見したのでご紹介。


以前も少し触れましたが、まずは筆から。
ウィンザー&ニュートンのシリーズ7ミニチュア。
(写真下側)
DSC01953up.jpg

番手は000。ラウンドで一番細い&穂先が短い筆って意味みたいです。
毛はコリンスキー。軸が細いんですが、慣れれば大丈夫でした。

塗料の含み具合が絶妙で、根本に溜まりにくいというか、
線を引いても塗料がシュルシュルと先端に導かれる感じで使い勝手が素晴らしいです。

写真上はタミヤのモデリングブラシプロの000番です。
大きさの比較に。





先端をアップで。
ご覧の通りで、穂先が少し短いんです。
DSC01955up.jpg

私みたいな下手っぴには、この短さがコントロールしやすい良い点でもありました。
穂先が長くてシュッとした良い筆は凄まじく細い線を引けますが、
その分ヨレやすいというか、玄人向けに感じます。

今回の目描きでは、この筆にかなり助けられた感じがあります。
細かい所を描く機会のある皆様にも、是非オススメです。





続きまして~。
今度は修正のツールですな。
これは組み合わせが新発見でした。


こちらです。タミヤの「クラフト綿棒三角フラット」の軸を切って、
NTカッターのニードル「D-S」のホルダーに挿しました。
DSC01958up.jpg


元々は両側使える、普通の綿棒と同様の軸を持つこのクラフト綿棒(写真下)ですが、
この軸、紙の癖に直径が1.5ミリしか無いので使おうとすると曲がるんです。グニグニと。

折角先端がカリカリに硬いのに、軸がグニグニなのがもったいないです。
そして短いです。普通のヒトが一番緻密に動かせるであろう、ペンの持ち方で握れません。

どうにかならないかなと思っていたんですが、、
NTのニードルのホルダーにピッタリでした(^_^;)
ピンバイスの様に締められるので、抜ける心配もありません。

これ、目描きの修正にメチャクチャ使いやすいです。
綿棒側もただの三角と違って、片面えぐれてるのもがポイントでした。

通常は瞳の輪郭線の下側の修正は目の下の肉の部分が邪魔で、
見やすい角度からアクセスできませんが、
これは丁度かわせます。

また目線の死角にもなりにくく、どこへ当たっているのかちゃんと見えます。
先端も一番鋭いので、ごくごく細いシャーペンで修正しているような快適さでした。

唯一、汚れを包み込む力はそれなりなので、こちらでカリカリと修正して、
拭いきれなくて汚れた分はフィニッシュマスターでぬぐうようなスタイルが良いかと思います。





最後に私が目描きの時に使ったすべての綿棒達をご紹介。
DSC01964up.jpg

上から

化粧用綿棒(ダイソーのでOK) おおまかな所、全消しに。
今回ご紹介。ニードルのホルダーにクラフト綿棒三角フラット
ガイアノーツNY綿棒(廃盤。少し太い精密綿棒が現行) 結構細くて、溶剤の含みも良い。
ガイアノーツフィニッシュマスター極細 柔らかい消しゴム感覚で。
ガイアノーツフィニッシュマスター 汚れの吸収能力がピカイチです。
アズワン スポンジ綿棒SMH-T-S これも細くてよかったんですがお役御免になるかも。
今回併用。前回までは、これをメインで使ってました。                    





ちなみに番外編ですが、芯ホルダーを持っているとこんな風にも使えます。
DSC01971up.jpg

こちらはユニのユニホルダーMH-500。
2ミリの芯ホルダーならどれでも使えると思います。
挿しているのは綿棒、NY綿棒、一番下は爪楊枝です。

綿棒も楊枝も軸が結構固いので、ホルダーの恩恵を感じにくくてイマイチでしたが、
もしかしたらドンピシャな使い方が出来る方もいるかなと思って一応ご紹介ですm(_ _)m



以上、目描き道具の紹介でした~。


今日はこのへんで。
2016/12/02

Munchkin リトルブライド その15 完成

そろそろ終わるだろうなんて思ってから2か月経ってましたが、
Munchkin(原型YOKKI様)の「リトルブライド」完成です!!

今回はパーツ数の割に長丁場でした。
飽きずに見ていて下さった皆様にも、感謝いたしますm(_ _)m


厳選したつもりが20枚超えになってしまったので、とりあえず一枚載せて残りは畳みます。
途中で面白い事が起きます。お楽しみに。
お手数をおかけしますが、続きを読むからお願いします。
DSC_0443up.jpg

▼続きを読む