2016/09/30

Munchkin リトルブライド その7


今日は過ごしやすくて良うございました。
夜への疲れの持ち越しが違いますね~。

今日は包帯部分を塗ります。


肌をマスキングして、ガイアのインテリアカラーとニュートラルグレーを5:3で。
マステは細切れを巻いて、短冊切りのを並べて面貼り、でっかいのでぐるっと。






手を。指の形状が複雑なので、細切れマステとゾルを併用。
DSC01728up.jpg





大抵、こういう風にキワの部分にマステが貼りきれなかったり、
曲線に追従できない部分が出てきます。(手の甲とのキワ、親指の付け根のキワ)
人の目は、こういう不自然な線に敏感だそうなので、もうちょっと綺麗にします。
DSC01732up.jpg





1日位しっかり乾燥させて、デザインナイフの先端でカリカリと。
こんな感じに、多少目立たなくなりました。
DSC01737up.jpg





足の包帯のウネウネとした曲線部分も、同じようなはみ出しがあったので同じく修正。
修正後、塗膜保護のクリアを吹いてあります。上の指も同様です。
DSC01733up.jpg





昨日の写真から色が付いたのは包帯だけですが、
修正と色とクリアの乾燥なんかもあるので実際には多少掛かってます。
DSC01736up.jpg



汚しとか雰囲気付けは筆塗りでやろうと思っているので、
最後の艶消しを除けばエアブラシは大体終わりです。




散々騒いだ、服をやり直すだどうだのは、まだ未定・・・w
アップで見ると肉眼でも粒子感が目立つのが超気に入らないのです/(^o^)\
接写で撮ったら間違いなく目立つ!塗膜も厚すぎだし。
でも3色の塗り分けパーツなので手間が・・・肌の色も合わないかもとウジウジしてます(^_^;)


とりあえず今日はこんな所です。
2016/09/29

Munchkin リトルブライド その6

何だかんだで毎日雨ですねえ(^_^;)
今日は服とシュシュを塗りました。


途中を撮ってませんが肩と左手をマスキングして服を~。
シアン+クリアブラックを1:1でシャドー。
グレートーン4にほんの少しだけマゼンタを混ぜてオーバーコート。


ツヤ調整は例によって最後に。

何ていう名前ですかね?術衣?みたいなイメージです。
研究所から着の身着のまま逃げ出してきた・・・みたいな設定なのかなと。裸足ですし。
花束が投げ出されてるのも意味深ですよね~。色々背景を考えてしまいます。



次はシュシュを。こちらも完成後だけ~。
大きさの割に形が複雑で、全然ちゃんとシャドーが入れられませんでした(^_^;)
二回やり直しましたが、それでもイマイチですね・・・。

色はクリアブラウンと色ノ源イエローを1:1で。シアンを少々。
濃淡でグラデーションのつもりです。
その後にクリアシルバーを少々混ぜたフラットベースで艶消し。
DSC01722up.jpg

シュシュは白っぽい紫と迷ったんですが、
ポヤポヤっとしそうだったので黒っぽい緑にしました。
つい最近覚えた「対象配色」ってやつですね。うまくいってるとは言ってませんよ・・・w





雰囲気がいまいち良く分からなかったので、頭を付けて写真撮ってみました。
DSC01723up.jpg

瞳の仕上がり次第と思いますが、結構可愛らしい感じになってしまいそう。
作例の、退廃的な感じとは違う雰囲気になりそうですねえ。
今回はどんな色で塗るか、最初に大体決めてるので予定からは大きく外れていないんですが。







さて両手両足の包帯を塗ったら、エアブラシでの塗装は終わりです。
筆も結構なウエイトを占めるので、まだまだ先は見えませんが。

願わくば天候が回復して、もう少し涼しくなりますように。
あんまりアッチいと、元気がなくなりますので・・・(;・∀・)

今日はこのへんで。
2016/09/26

プラモ!

プラモ買いました!(買っただけ)
左からザクⅠ、プチッガイ、福田ちゃん戦車(九五式軽戦車)です。





福田ちゃん戦車は以前調べた時には定価の倍くらいでマケプレで売られていましたが、
追加生産されたのかヨドバシドットコムでも普通に売っていたので思わず。
こちらはいずれ、キロハナさんの1/35福田ちゃんとあわせて組みたいと思っています。

旧ザクとプチッガイは正月引きこもり用のつもりで買いましたが、
モデラーさん方の失笑を買うだけなので公開は・・・?ですw
公開しないで別タスクで組む時間があるかと聞かれれば、まあ・・・無いんですが(^_^;)


今日は買い物のご紹介でしたm(_ _)m
2016/09/22

Munchkin リトルブライド その5

天気がお悪うございますね。
ちょっと進みましたのでご紹介。


残っていた前髪の下部分を。
マスキングが必要だったので、後に回していました。(忘れてただけ)
シャドー。不穏な雰囲気なので小さ目で(^_^;)






オーバーコート。周りよりオレンジっぽくなってしまいました(^O^;)
DSC01691up.jpg





組んでみました。やはり色が若干気になりますね。うーん。
それどころじゃない位、目のマスキングが怖いですが(^_^;)
DSC01711up.jpg





続いて台座~。花束をマスキングしたいのでぐるっと細切れにしたマスキングテープを。
ゾルだけでいいじゃん!と思われるかも知れませんが、ゾルをフチの部分に使うと、
塗膜までベリベリ剥がれてしまいますので、フチはどうしてもテープを使います。
DSC01694up.jpg





ゾルでベタベタと。大概、尖った部分が残りますので、二回位塗ります。
DSC01697up.jpg





敷石と周りの岩の部分の下地という事で黒でエアブラシ。
DSC01698up.jpg

後々分かる事ですが、所々はじいたのか点々とマスク漏れがあり、
延々3時間位、花束に砂粒状に広がった黒塗料をカッターで削り取ってました。
おばかさ~んwな感じ(;・∀・)





マスキングを剥がして漏れ修正後、アクリルガッシュで花を塗り始めました。
花周辺はゴチャゴチャと全部くっついているため、個別のマスキングは不可能な感じでした。
なので筆塗りです。しっかしうまくいきません。ヒトデ?いえいえ花のつもりですよ。
DSC01705up.jpg





とりあえず全体的に塗りました。大体、見たままの色を使用。
もう少し細部をツメますが、おおまかにはこんな感じでしょうか。
もうちょっと上手くできると良かったなぁ・・・位の感じです(^_^;)
DSC01709up.jpg


花束の包装部分だけ、エナメルの白を。後は全てアクリルガッシュで。
包装の白のシャドーやツヤ調整、岩の細部はもう少しどうにかするとして、
花が気に入りません(^_^;)うーん。もう少しどうにかならないか・・・と歯がゆい感じ。

エアブラシが使えればちょっと違うかもしれませんが、
どの道このサイズの花びら一枚一枚を塗り分けられる程に上手くもなし(^_^;)



とりあえず毎日ちょっとずつ触ったりしながら、様子を見てみます。
行ったり来たりで今日はこのへんで。
2016/09/20

貰い物を酒のアテに

リトルブライドの進みがよろしくないので、今日は割りとどうでもいい話(コラ)

ANAの国内線のファーストクラスで出る物だそうで、
頂いたので記事にしてみようかなと。早い話がネタが無いという(^_^;)


左のビールはコンビニで売ってたグランドキリンの新商品。
お酒は常飲しないので、どうせならとちょっと高いのを買ってみました。

右側のが頂いた物。小洒落た入れ物ですが、中身はオリーブの塩漬けとナッツのようですな。
zakki izayoi





グラスに注いでみました。IPAは色が濃いのかな?苦くてパンチのある味でした。
一本で満足できるというコンセプトで、飲みごたえは抜群でした。
じゃあ一本で足りるかと聞かれれば、そうでもないんですが(^_^;)
zakki izayoi2





開封~。オリーブ茶にも合いますなんて書いてある。ヒュー。格好いい。
甘酒飲みながらポン菓子食べる感じですかね!?(違
zakki omiya

ちなみにショットグラスに注いでるのは格好いいからとかじゃなくて、
口の中にザラザラっと流し込みやすいからですw

味はまあ、普通のナッツ。オリーブの方は、良くある味です。味のうっすい梅干しみたいな。
空輸したパック詰めみたいなのから瓶詰めまで一通り食べたことがありますが、やはりあまり好きじゃないみたいです(^_^;)




やはり庶民はこういうのでしょう!
zakki cabbage tarou


「もりもり食べてもりもり勉強しよう!通信簿に関係なく美味しいヨ!!」
いい感じに謎ですねえ。今日は「だがしかし」を読んで寝よう・・・。



ついでに、いつか紹介したかった大好きな曲。
Youtubeに動画が無いので、歌詞だけ。



稲葉浩志「灼熱の人」

季節さえ変わらないような
冷めきった街角を歩けば
Oh人の足もとをすくうことに
命をかけている人たちがいたよ
Oh革命おこしてやるなんて
うっかり口にしちゃいけない
白い目で見られるか シカトされるか
ここらへんはそういうところだよ だけど

灼熱の人よ 今 立ちあがれ
嵐の中で踊り狂え
後悔するヒマもないような人生で
かくしてる 鬼のような面で叫んでごらんよ

長い月日でつくられた
良識をゴクゴク飲み下してる
Oh君の斬新なアイデアも
だれもとりあってはくれない
波風なしで暮らせば
親戚中も安心するし
フツーなことにこしたことはない
そんなの承知のしてるしてるけど だけど

灼熱の人よ 泣きねいるな
疑うことも忘れないで
余力を残せぬ哀しいさだめ
ヤジられてもいい
攻撃の渦にその身をさらけ出せ

冷静に侑瞰で見るのは
Oh賢いやつらにまかしときゃいい
はずれてゆく自分のピッチを どうにかしたいんだろう
したいんなら しょうがない

灼熱の人よ 今すぐ立ちあがれ
嵐の中でもだえ狂え
後悔するヒマもないような人生で
かくしてる鬼のような面で叫んでごらんよ



CD買った高校生当時はピンと来ませんでしたが、それもそのはず。
これは仕事の歌なんですよね。大人になってから聴くと、えらいニクい歌詞です。



全くもって意味分からない記事でしたが今日はこのへんで。
雨が落ち着けば、塗装が再開できると思います~m(_ _)m
2016/09/12

Munchkin リトルブライド その4

更新をサボりがちですが、キットはチマチマ進めています。

肌+○○の塗り分けが多いので、何はともあれ肌色を塗りました。
生気の無いような感じにするか、色白の子供にするか悩みましたが、
折衷案で生気が無く見える色白な子供という事で落ち着きました。


それと表面処理中に気がついたんですが、この子パンツはいてません(^_^;)
ひえー。風邪ひきそう(;・∀・)亞人は風邪ひかない?

ですが服の中は造形的にはあまり重要じゃないのか、
お尻も途中までしか作ってない様ですし、思いっきりスルーする事に。



ガイアノーツのサフレスフレッシュオレンジと同ピンクを2:1位で混ぜ、
同量位のつや消しで薄めてシャドー。濃淡でグラデーション。
目のマスキングが不気味かなと思ったのでサムネは小さめにしました(;^ω^)


現状こんな感じですが、気に入らなかったらまた違う色に。
一番最初は人外っぽい青や緑の肌にしようかとテストしてましたが、
全然可愛くならなそうだったので取りやめに。アバターやハルクみたいな感じで(^_^;)





試しに作った色はこんな感じでしたが・・・。
DSC01660up.jpg





手に吹いたらこんな色。上手に塗れば格好いいかもしれませんが、
これを可愛く見せるのは技術的に無理だと判断しました(^_^;)
DSC01661up.jpg




次は髪~。だったんですがシャドー中にアクシデント!
落として毛先が折れました(*_*)
DSC01668up.jpg





レジン片作って。
DSC01670up.jpg





なんとなーくそれっぽく。あまりうまくないですが。
塗装はもちろんこの後ドボンしてやり直し(^O^;)
DSC01672up.jpg





気を取り直してシャドーを。
クリアレッド、クリアオレンジ、クリアブラウンをそれぞれ1:1:0.5で。
DSC01674up.jpg





オーバーコートはクリアオレンジとクリアレッドを3:1で。
DSC01675up.jpg




今回はオリジナルキャラという事ですが、フランケンシュタインの花嫁という設定が
あるので、どことなく亞人ぽい感じにするつもりです。



それにしても、1パーツ塗る事にお祭り騒ぎになる卓上をどうにかしないと・・・。
上手い人はアレですかね。決まった色だけサッと出して、パパっと塗るのかな・・・。
毎日片付けてますが、塗り終わるとこうなります/(^o^)\右利きなのがよく分かる写真w
DSC01676up.jpg



とりあえず、チマチマ進めてますという報告でした∠(`・ω・´)


今日はこのへんで。
2016/09/07

Munchkin リトルブライド その3

今日は台座のゲート処理と、
他のパーツに捨てサフ吹いたらアラが出現したよという記事を(;^ω^)



まずは台座から~。
こんな風にでっかいゲートがあります。
DSC01600up.jpg





ニッパーとデザインナイフで適当に削り、
DSC01630up.jpg





ポリパテと歯ブラシトントンでテクスチャーをできるだけ再現。
何だかウニ貼り付けたみたい(;゚∀゚)=3ムッハー
DSC01632up.jpg





下地塗料にアサヒペンのメタプラを吹いて、
ガイアのインテリアカラーにクレオスのクールホワイトを混ぜた色で周りと近い色に。
黒っぽい色にするつもりなので色が違っても大丈夫かもしれませんが、一応。
DSC01650up.jpg





次は捨てサフを吹いてみたパーツ達。
光が透けなくなるからか、白サフでも十分キズや処理漏れが見つかります。



胴体。デザインナイフでつけたっぽいキズが残ってます。
見えづらいですね。袖の先、袋状になっている部分です。
DSC01642up.jpg





後ろ頭の髪のハネてる所にパーティングラインが。
DSC01643up.jpg





左足パーツ。ここは包帯と足の縫い目、
火傷が直ったようなボコボコした感じの所にパーティングラインが掛かっています。
サフを吹いてから考えようと、無難な所しか処理してませんでした。
DSC01644up.jpg





右足のくるぶしにもパーティングラインが。
ツルッとしたフィギュアの足ならあまり考えないんですが、
表現してあるものが複雑なので考えてしまいます(^_^;)
DSC01648up.jpg

くるぶしの前に来てる縦線がパーティングライン、
もっと上の縫い目の上の縦線がディティールだと思います。そちらは残しました。





一個一個は撮ってませんが、見えない所はそのままだったり、見える所はチマチマ処理して、
サフを落とすためにドボンして全パーツにメタルプライマーを吹きました。
DSC01658up.jpg


台座は石なので、光の透けない重い質感が欲しいと言う事で灰サフを吹く予定でしたが、
上に載ってる花束はサフレスにしたかったので試しに全部メタルプライマーで。

ダメなら花だけマスキングして灰色サフも考えますが
石の下塗りにブラックジェッソとか使えばいけないかな~。
心配なのは塗膜がマスキングに耐えられるかです(^_^;)



さて、これで色を塗り始める事ができます(^o^)
何だか妙に進みが早いような気もしますが、
軸も打ってあったし、全11パーツならそんなものでしょうか。


今日はこのへんで。
2016/09/02

Munchkin リトルブライド その2

リトルブライドは相変わらず表面処理中です。
あまり面白くない写真ですが一応ご紹介。
何しろ表面処理中は絵が地味で(;^ω^)


胴体パーツです。パーティングラインはこんなもの。
この程度だと私は殆ど削ってしまいます。






デザインナイフでシャリシャリするとこの位になります。
最初からヤスリを使うといらない所まで削ってしまうので、
デザインナイフを使用して削った方がうまくいくと思っています。
DSC01616up.jpg





400のペーパーとスポンジペーパーでこんな感じ。
消えきらないほんの少しの部分だけ、シアノンで埋めました。
とりあえず良いかな?多分サフ吹くとアラが出る位です(^_^;)
DSC01628up.jpg





次はゲート処理を。
髪の辺りのパーツです。
DSC01602up.jpg





同様にデザインナイフで。ちょっとだけ1.5ミリの平刀の彫刻刀も使いました。
以前にもご紹介しましたが、三木章のパワーグリップです。
定番なのかも。安くて使い良いです。
DSC01604up.jpg





同じく最後にペーパー類で。
改めて見るとパーツが増えたり減ったりw
案外同じように撮るのって難しいですね。別の日に撮ったりしてるので余計です(^_^;)
DSC01617up.jpg





後頭のてっぺんは、昔切ったはずです。恐らくゲートを切る時に食われてしまった感じ。
でっかいゲートはこうなりがちです。我ながらヘッタクソだなあという所ですw
今ならもう少し上手くやりますよ。多分。きっと。恐らく。
DSC01618up.jpg





シアノンで埋めて240→400のペーパーで。
DSC01620up.jpg





ザッと全身処理して仮組みしてみました。
首の部分がボールジョイントになっていて、好きな角度や向きに向けられます。
なるほど雰囲気を左右しそうな感じ。ちょっと渋くして、完成後も変えられる様にしたい所。
DSC01625up.jpg

この状態だと、ちょっと上を向いてしまっていますね。



あまり面白くない写真を何枚も載せましたが、こう、表面処理のダイジェストみたいな感じで
綺麗になっていくので爽快な感じが・・・しませんかね(^_^;)

これで台座以外は一回目の表面処理が終わった感じですが、
今回は捨てサフを吹いて、ちゃんとアラを潰したいと思います。
最後にアレ!残ってる!って事が多いですからねえ。

今日はこのへんで。