FC2ブログ
2018/02/07

ミニめぐみん その5 完成

こんばんは。
すっかり更新をサボり気味ですが、キューさんのミニめぐみんが完成しました!


顔を描くのにだいぶ苦戦しまして、キューさんから色々とアドバイスを貰って塗りあがりました。
自分では見過ぎてて、良いのか良くないのかサッパリ分からなくなってますが、
まあとにかく完成ったら完成です。(モウヤリナオシタクナイヨ


結局こんな感じになりました。






DSC_0640up.jpg





DSC_0642up.jpg





DSC_0644up.jpg





大きさはこんな感じでした。
DSC_0654up.jpg



顔の工程については、あまりにもうまく行かずに何度もやり直したので、
撮ってたり撮ってなかったりで写真は省きます。箇条書きにすると

2Bの鉛筆でアタリを取って下書き→
練り消しでうっすら線が残るまで消す→
薄くしたアクリルガッシュで線をなぞりながら塗装→
まつ毛、瞳の輪郭線~赤でグラデまで入れた所でクリアでセーブ→
瞳の中の下側のピンクとハイライト、眉毛、チークを描いて完成です。
今回は瞳に艶を戻さず、つや消しを吹きっぱなしのままにしました。


アクリルガッシュの色は、良くあるセットの色の他に、
バーンドアンバー、レッドオキサイド、セピア、
ライトポートレートピンクあたりの色が重宝しました。
薄め液は水だけ使用、線の修正は、先端を尖らせた爪楊枝とカッターと綿棒を。



今回はデフォルメのフィギュアという事で、「筆で塗りましたよ感」を、
残して仕上げたいと思っていました。
クーピーとか色鉛筆みたいな雰囲気に見えればいいなと思ってます。


それとは別に、アクリルガッシュは面白い表現ができる事も分かりました。
具体的には毛の集合体の表現とか、線のぼかしの表現とかそういったものですが、
上手に出来るようにならないと説得力が無いので、うまくなったら紹介させてもらいますm(__)m

てな訳で、しばらくは目描きはアクリルガッシュメインで使っていこうと思ってます。



では、今日はこの辺で。
2018/01/28

ミニめぐみん瞳の進捗



こんばんは。
この所忙しくて訪問できてませんスミマセン。
連日22~23時くらいまで仕事で、帰ってきても何もやる気が起きませんで(;^ω^)
今日は少し早く帰ってこれたので、ミニめぐみんの目描きの進捗だけ載せます。


今こんな感じです。ここからかなりいじくると思いますが、
大体のデザインはこのままのつもりです。
ざっくり下書き状態というか、そんな感じです。




今回は今までと違うやりかたで描いてるので、結構苦戦してます。
目のモールドも無いので、バランスからして私にはムズイ訳でw

「描いてますよ感」を出したいのもあってアクリルガッシュを使ってるんですが、
それらしくなるかはまだ不明です。

ただ、やり直しや修正なんかについては、エナメル塗料より自由度が高い気がしますね~。
粒子感は確実にアクリルガッシュのが荒いですが。
使いやすい粘度とか、筆の運びもすこーしだけ分かってきた気がします。

あとは可愛さとそれらしさをどこまで詰められるか。
少なくとも瞳の中は丸ごとやり直しなので、もう少し掛かると思います。
とりあえずグラデーションをもっとキレイに描きたい所ですな。


では、今回は苦し紛れの進捗報告でした。
2018/01/22

ミニめぐみん その4

こんばんは。

今日も今日とてミニめぐみんの続きをやっていきます。


さて、キライなものを後に残す性格が災いして面倒なパーツしか残ってません(^_^;)
胴体から。これは、肌色をマスキング→黄色→黄色をマスキングしてる所。
下のギザギザが案外面倒でした。
DSC03654up.jpg




貼ってたマステのサイズはこの位。これは小指かな。ゴッツくて申し訳ないDEATH(恥
DSC03657up.jpg




その後に服の赤(モンザレッド+色の源イエロー)吹いてマスキングして、
ベルトの黒(ブラウン+ブラック)吹いてチョーカー(アクリルガッシュの黒+ナイトブルー)
筆塗りして、つや消しして完成した所。
途中の写真を全然撮ってない事に気がついて今さっき撮りましたw
DSC03688up.jpg
組み立て中で色々雑ですが悪しからず。
真鍮線見えてたり、気泡とかが残ってる部分はマントで隠れる・・・つもりの部分ですw





さて、ラスボスの帽子です。
黄色から。色の源イエロー+クリアオレンジ。
DSC03629up.jpg





マスキング手順間違えてます。何故か三角部分を攻めてますな。
小さく三角形に切ったマステを、1個の三角形モールド内に6枚位貼っていきます。
これがメチャクチャ面倒でしたw
DSC03638up.jpg





ちな一枚の大きさ(しつこい
単純な三角形の部分はまだいいんですが、不思議な形をしてる部分は、
更にこれを半分位に切って貼ったりで時間がかかりました。
DSC03636up.jpg
ザックリ貼ってカッターで切る方法は塗膜を持っていかれる事が多くて、
苦手意識がありますwしっかりしたモールドを掘ってあれば大丈夫なんですかね~。







そう言えば帽子のフチも黄色だったんだぜとシャドー吹き。
使った色は一緒で、クリアオレンジが多めです。
DSC03643up.jpg





キッチリとマスク!この位なら楽しい範疇(^o^)
DSC03650up.jpg





紫を吹きました。色はマントと同じで、マルーン+ブラック+ホワイト。
DSC03664up.jpg
背景が妖しげですがお気になさらずに。



またマスキング。この位なら楽しい範疇・・・。
DSC03665up.jpg





赤(ブライトレッド+色の源イエロー)を吹いてマスキング剥がした所。
ハハッ!まあ、こうなりますぁな。という感じ。
マスキングの上からクリア吹いて目止めしたんですが、焼け石に水でした。
エライ吹き込んでます。まあ下手っぴですなw
DSC03666up.jpg





カッターとアクリルガッシュ筆塗りで修正しました。
しれっと書いてますが、実体顕微鏡覗きながら数時間格闘しました☆
こんな事ならもっとちゃんとマスキングしとくんだった(←アホ
DSC03673up.jpg







そして艶消しして完成・・・のはずだったんですが、
艶消し塗りたて状態で不注意でぶつけまして(^_^;)
丸一日作業してての22時頃だったんで、集中力切れてたんでしょうな。
DSC03674up.jpg





こんなん塗り直したくないぞ!ということで誤魔化す作戦に。
こういう時に色を作り置きしておいて良かったな~と思いますね!
簡単にマスキングしてエアブラシ細吹きで色をのせました。
DSC03676up.jpg





よーく乾燥後、盛り上がってしまっている部分を800番のペーパーで研磨。
周りと馴染んでますよ感を出す為にウルトラファインのスポンジヤスリも併用。
DSC03677up.jpg





もう一度色を吹いて艶消し。
よく見ると色が濃かったりしますが、まあ黙ってれば大丈夫でしょう。
全然完璧では無いですが、三角部分のマスキングはもうやりたく無かったので( ´д`ll)
DSC03678up.jpg





ボタンを付けて、完成・・・?うーん。気泡が目立つな。
まあ良しとしましょう!完成完成!
DSC03687up.jpg






上記の通り組み立ても始めて、残すはアイペイントだけという所ですね~。

この「ミニめぐみん」はデフォルメ絵の立体化と言うことで、
かなりポヤポヤっとした瞳なんですよねぇ。


ポヤポヤ・・・。久々にアクリルガッシュでも使ってみようかな?という所です。
どうなるかな~。



では、今日はこの辺で。
2018/01/18

ミニめぐみん その3

こんばんは。
久しぶりにミニめぐみんの続きをやっていきます。



マント~。黒の部分がマルーン+ブラック+ホワイトで。
黄色は色ノ源イエロー+クリアオレンジ。
DSC03671up.jpg





髪は最初はこの位で良しとしていましたが、茶色すぎですよね(;^ω^)
シャドーがブラック+赤褐色。オーバーコートがブラック+赤褐色+クリアオレンジ。
DSC03651up.jpg





という訳でドボンして塗りなおしました。
前髪の気泡修正跡も目立っていたので、そちらも修正。
使った色は一緒です。黒を増やしました。
DSC03652UP.jpg





肌色はいつものサフレス二色~。
DSC03628up.jpg





下半身パーツ。マスキングしてパンツを。クリアパープル+ブラック。
マスキング剥がしてクリア。シャドー入れようとして失敗してますな。
相手が小さいからなぁ。
DSC03634up.jpg





またマスキングして、
足の包帯はグレートーン4+艶消し少々。クリアブラックでシャドー。
DSC03639up.jpg




またまたマスキングで今度は反対の脚のスパッツ。
ブラック+クリアパープル。
DSC03644up.jpg





またまたマスキングして靴を。
撮り忘れてますが赤っぽい方がブラウン+オレンジ+ウッドブラウン。
上の折り返し部分はサンディブラウン。どっちも多少シャドーが入ってますが、
相手が小さすぎてちゃんと吹けていません。
DSC03646up.jpg





艶消しして完成!
DSC03649up.jpg





正直、これくらい小さいと筆塗りでも見栄えはさして変わらないかもしれませんが、
一応シャドーを入れたりできるのでエアブラシを使ってます。
細かいコントロールの練習にもなりますしね~。

毎回思いますが、エアブラシって触ってない期間が1ヶ月位あると、
凄まじく下手になりますよね。大抵、細吹きの際の塗料濃度と対象物との距離感で四苦八苦しますw




今日はこんな所でしょうか。
次は比較的早くUPできるはずです。


では、今日はこの辺で。
2017/12/21

ミニめぐみん その2

こんばんは。かなーり間が空いてしまいましたが、
ミニめぐみんの続きをやっていきます。

前回仮組みまででしたので、クレンザー&マジックリンで磨き洗いして、
持ち手を付けてメタルプライマーを吹きました。
今回もサフは使いません。


いつものように周りの物から手を慣らしていきます。

まずは「このすば」の文字の看板と、台座を。
全体をホワイト+キャラクターフレッシュ1→クリアで塗装。






乾燥後、極細に切ったマステをぐるっと貼り込んでから、その外を短冊切りマステで埋める感じです。
薄いパーツなのでマステを重ね貼りすると横が塗装しにくいので気を付けました。
DSC03597up.jpg





一応こういう風に、輪郭をなぞるようにシャドー。
上手くできてませんが。
特に「ば」の文字なんかはかなり無理ゲーでしたw
DSC03598up.jpg





他は想定外に良さそうですが、「ば」は結構吹き込みました。
しっかり砂吹きしたからか、まだマシですかね。後で修正します。
DSC03600up.jpg




星形の方はこんな感じに。やはり同じように輪郭をなぞる様に吹いてみました。
上に乗る色が濃い色ばかりなので、あんまり目立たないと思いますが。
DSC03601up.jpg





つや消しして組み立てて完成!
ちょーっと表面処理段階でのアラが目立ちますなぁ。
一辺25ミリ位なんで、眼で見てはそうでも無いんですが。
DSC03603up.jpg
・・・これアレですよね。ジャニヲタさん達が持ってる「うちわ」に似てます。
「投げCHUして☆」とか知りませんか。知りませんよね。






台座の方は当初キューさんから「大理石模様がいいんじゃない?」と言われてましたが、
先日ご自身の作例を大理石模様で完成されてますので、私は別の模様を。


このすばと言えば王道(?)冒険ファンタジーですし、
フィールドっぽい感じかなという事で、石にしましょうか。
大地はプレーン過ぎて逆に難しそうなので。

元々はこんな感じ。プレーンな塗装をする場合、どういう配色にするか考えてましたが、
サッパリ思い付きませんなw服が暗いので、割と明るい色だろうなとは思うんですが。
DSC03528up.jpg





ミッチャクロンマルチプライマーを吹いて、
クラックルペーストとレジンサンドとセラミックスタッコで下地。
ブラックジェッソで下塗り。
DSC03540up.jpg



灰だの緑だののアクリルガッシュで塗装。
最後にパールメディウムとこすって銀さんで重量感を表現。・・・できたかなあ(^_^;)
石にしてはテクスチャーが付きすぎなのと、もっと明るい色から始めた方が良かったかも。
DSC03542up.jpg





台座に使用した品物。ちょいと小汚ない色のアクリルガッシュをいくつか買っておくと、
石やら樹木やらっぽい色にする時に便利なのでオススメです。
しかも上記の程度なら、とてもカンタン。
DSC03606up.jpg




最後は「嵐を呼ぶ漆黒の毛玉(笑)」のちょむすけを。使い魔のネコちゃんですな。

全体をマルーン+黒+白でエアブラシ。他は筆塗りです。目玉がタミヤエナメルの黄色、
額の十字がガイアのエナメルのマゼンタ+イエロー。
口はマゼンタ+イエロー+タミヤエナメルのピンク。最後に艶消し。
DSC03605up.jpg
デコの十字と三角の口はモールドが無いので形はテキトウです。





サイズ感はこんな感じ。部品3つでも揃うと、ちょっと進んだ気分!(←勘違い
DSC03610up.jpg





いつになったら本体の塗装に入るんだよ!という感じの進捗ですが、
次回は服とか帽子とかの記事になると思います(^_-)-☆



では、今日はこの辺で。
2017/11/20

ミニめぐみん その1

こんばんは。
今日から新しいキットを始めます。

次回ワンフェスでキューさんが頒布される予定の新しいキット、
この素晴らしい世界に祝福を!から、「ミニめぐみん」です。
↑キューさんのブログの記事にリンクしてます。


前回の大きいめぐみんに引き続き、こちらも展示に使うかもとの事なので、
見栄えがするように頑張ってみたいと思います。イベントは来年2月ですが、
なるべく早めに始めた方がいいだろうという事で、魔神リリィは後回しになります。





ザラっと開けてみましたよ。
レジンキットとしてはかなり小さいです。
この状態じゃ、何だか分かりませんよねw
DSC03493up.jpg





あらかじめ合わせ目消しが必要なのは帽子だけ。
DSC03494up.jpg





2ミリのアルミ線で軸打ち~。
ニッパーの切断面がセミフラッシュカットになってますな。
ゴッドハンドのメタルラインニッパー、使い良いですよね。
DSC03498up.jpg





シアノン&SSP-HGの粉を混ぜて接着。
湿度が低くて、瞬着に混ぜ物をするには最適な季節になってきました。
DSC03499up.jpg





粘度は薄め(粉少なめ)の方が、気泡ができにくくて良いですね。
ちょっとヒケたので、シアノン単体で埋め直してこんな感じ。
DSC03500up.jpg





あとはひたすらゲートカットして表面処理なので割愛。
気泡は、割りと少なかったと思います。文字の部分にちらほらあったのが多少難しいかも。
大体、6時間強でここまで来ました。とりま並べて~。
DSC03502up.jpg





軸打ち。たったの(?)14本!頭の3パーツの合いと首の角度がちょっとシビアでした。
ディーラーさんのHPやブログでよくある、
購入者さんへ向けた組み立ての勘コツ記事を作るの楽しそうw
「ここをちょっと削ります」みたいなやつです。憧れますな~。
DSC03509up.jpg





アホな事言ってる間に仮組完成!
ちょっと処理の甘い所があるので、もう少し詰めます。
DSC03507up.jpg





横からも一枚。ガチ友人をあんまり褒めるのもこそばゆいですが、
良いキットだな~と思います。結構小さいので塗るのが大変ですがw
DSC03505up.jpg





キューさんのキットは何とな~く「仕事!」という意識があって、捗る気がしますw
次回は塗装に入れるかもという所ですかね~。


では、今日はこの辺で。