FC2ブログ
2018/05/10

ジェットストリーム 魔神リリィ その5

こんばんは。
先日仮組みしたのを一枚載せましたが、また少し進んだのでバラして色載せとこうと思います。
最近Twitterも始めたんですが、あれはあんまり文字数書けませんしねえ。



まずは足甲と盾ですか。
結局こんな感じに塗り直しました。
灰サフ→黒を思いっきり砂吹きして、表面にざらざらのテクスチャを付けました。
その後、エナメルのチタンシルバーとゴールドリーフをドライブラシで。
DSC03873up.jpg
エライわざとらしい感じになりましたが、
塗料だけで表面にテクスチャをつけられるのはめっけもんというか、良い勉強になりました(^o^)





右腕~指、左脚など、各所の素材が一体何なのか悩んだんですが、
鎧の構造や材質などについて完全に無知だったので、
「西洋甲冑入門」という本を参考にしてみました。
DSC03887up.jpg
大まかな構造などが理解できたので、厚手のタイツみたいなものを下履きにして、
その上から鋼の鎧。バンドは革でしょう。と言うことで色合いを決めました。





タイツ部分はフィニッシャーズのブルーブラック+328番の青+マゼンタ、
ブルーのFGパールを混ぜてあります。濃淡でグラデーション。
パールは色に混ぜると本当に意味が無いですねw(←
DSC03838up.jpg
革部分はフィニッシャーズのチョコレート。
澄んだ茶色で良い色です。濃淡でグラデーション。





鎧は艶あり黒にスーパーシルバー。
8番シルバーよりギラギラが強いのでチョイス。
これはうすーくパラパラと。黒を要所で残して、単調に見えないようにしました。
あとは重量感が少し出るかなーと。最後にクリアコート。
DSC03875up.jpg
多分一番最後の艶調整でほぼ黒になる気がします(;´Д`)





ガントレットの部分のマスキングが手間でした。
が、存外マスク漏れは少なかったですね(^o^)
DSC03847up.jpg





次は左腕~手。ガラリと変わって可愛らしいデザイン。
腕に巻いたレース部分はアルティメットホワイト+311番のグレー。
シャドーに蛍光ブルーグリーン+蛍光ブルー。
シャドーは書いても書かなくてもってな効き具合です。最後にLGパール。
DSC03877up.jpg
リボンはアクリルガッシュのパーマネントレッド、スカーレット、
ライトポートレートピンクを混ぜて筆塗り。一応、オキサイドレッドでシャドーっぽく塗ってみました。





腕輪部分。艶あり黒にレッドゴールド。中央にうすーく吹いて黒を残しました。
腕輪の先端側はマジョッコのマジョーラを。こっちも薄く。
DSC03878up.jpg





腕から垂れてる方のレース部分は、アルティメットホワイト。マゼンタでシャドー。
これもLGパールを少し使いました。
DSC03879up.jpg





ええと右脚。
タイツは上のと同色。ブーツは何を使ったか失念。まあ、白っぽいブラウン。
シャドーも覚えてません。革は同上のチョコレート。濃淡でグラデ。
DSC03880up.jpg
バックルなんかはゴールドリーフを筆塗り。





靴底の部分を積層の革っぽく、アクリルガッシュの茶色系で縞模様に筆塗りしてみました。
革靴で良く見るやつです。その後クリアブラウン。一応、幅違いで4本線を入れてあります。
これだけ明るく撮ってこれだと、見る分にはあんまり意味無さそうですねw
DSC03882up.jpg





次は髪。
マゼンタと328番のブルーだったと思います。黒を足してシャドー。
今回は褐色肌さんなので、かなりダイナミックに濃淡つけてます。
メガネはフレームがクロームシルバー、鼻あてがチタンシルバー。
DSC03884up.jpg





最後は塗り分けの多いラスボスの胴体。とにかくマスキングで時間を取られました。
革部分は他と同じくチョコレート単色で濃淡でグラデ。
こんな感じで濃淡付けてました。
DSC03852up.jpg





薄い塗料を細吹きする訳ですが、やっぱりちょっと滲むんですよねぇ。
濃いと幅の狭い所はものすごい難しくなるし。染料の多い(様な)色はしょうがない?
ちなみに、クリアで割ってもつや消しを混ぜても、それほど良くなりません。
DSC03853up.jpg
この辺はまあまあですが、首周辺の革部分は「あっ(察し」レベルなので完成の暁には、
笑って見てやって下さい。





パンツはタイツと同じ色。ブラは鎧と一緒。スケイルメイルっぽい部分は、
黒の上にレッドゴールドをちょっとだけ吹き付けてあります。
レース部分は白→マゼンタでシャドー→LGパールとFGパールのピンク。
あとはエナメルのゴールドリーフを筆塗り。
DSC03885up.jpg




パンツというかお尻が見応えがあるんですが、
これでは伝わりませんなwそれにしても布面積狭すぎィ!
ほぼお尻丸出じゃないすか・・・。鎧の意味みたいなものを考えさせられます(?)
DSC03886up.jpg





書いてませんが、各部の細かい金具は、胴体同様エナメルの金銀4色で筆塗りしてあります。
筆塗りも何気にボリュームがありました。
それと、リタッチは全てアクリルガッシュで。こちらも結構手間でした。

ただ、アクリルガッシュはつや消しになってしまうので、
グロスポリマーメディウム入れるといいのを発見しましたですよ。
その方が、クリアでオーバーコートした時に色の変化が少ないです。
(つや消しのままだと、黒っぽくなる事があるので)



さて、今回はとにかく褐色肌のインパクトに負けないよう、全体的な色を強くと意識して塗ってました。
パンツ、タイツや革部分など、面積の多い全パーツに濃淡でグラデーション入れてるのも、同じ様な理由です。
あとは艶を調整すれば、グッと見映えが・・・!するといいなあという所ですw


これで残すは全体の艶調整と、お顔部分だけですね!
入れ目だしモールドもしっかり入ってるので、それほど掛からないのではと期待してます。



では、また。

2018/05/04

ジェットストリーム 魔神リリィ その4

だいぶご無沙汰しております。
まあ仕事が忙しくて大騒ぎです。

最近22時退勤がデフォだったりして全く進んでませんでしたが、
早め(&短め)のGW取れたんで少し進めました。


途中経過は一切なしです(;^ω^)気が向いたら色くらいはご紹介しますね。
ザっと仮組みしてこんな感じ。胴体の塗り分けが多いのでまだまだですね~。




取り急ぎごようけ・・・じゃなかった。
進捗具合をば。
またしばらく更新は無しになると思います。


では、また。
2018/03/28

ジェットストリーム 魔神リリィ その3

こんばんは。
さて、去年から作ってるジェットストリームさんの、
「魔神リリィ」の続きを作っていきたいと思います。
もう覚えてる人も見てる人もほとんどいないと思いますが、最後まで記事にしますよ。

あんまり途中の写真撮ってませんが、足甲?やら剣やらから。



足甲。プライマ→黒→フィニッシャーズのフォーミュラクローム。
金色っぽいのはその上から色ノ源イエロー+クリアオレンジ。
シャドーにクリアブラック+クリアブラウン。
アクリルガッシュでちょっと汚してみました。うーん。イマイチ(´-ω-`)
DSC03822up.jpg





同じく左脚に装着する鎧。色は大体一緒です。
イマイチなのも一緒w何度かやり直してますが、あんまりうまくいきませんねえ。
DSC03821up.jpg





お次は剣です。銀色はフォーミュラクローム、鞘はグリーン+黒、
ベルトはマホガニー、あとはエナメルを筆塗りです。チタンゴールドやゴールドリーフなど。
その後にアクリルガッシュでちょっと汚し。隣の輪っかは腕輪です。黒→ミラークローム。
DSC03827up.jpg
最後につや消しをしたら、汚した所が思いっきり主張するようになりましたorz
最後組んでみて変なら、また考えます。





最後は肌色。シャドー。中々ややこしい形をしてます。
DSC03809up.jpg





オーバーコート中。普通の肌色ならこの辺で止めておきますが・・・。
DSC03812up.jpg





塗り上がり~。日焼け肌と褐色肌の間位の色合いの人だったので、この位で良いかな?
「わいせつなる有害指定の魔神リリィ」らしいので、エロス全開な雰囲気で。
DSC03813up.jpg





濃くなり過ぎたパーツをドボン中。カップ酒に漬けてる訳ではアリマセンヨw
腕パーツなんかは塗り直しの精神的ダメージが少ないので、先に何度かテストで塗ってました。
DSC03815up.jpg
ちょっと逸れますが、写真の容器は地元千葉の「腰古井」のカップ酒ですが、
安い割にはそこそこいけます。コスパは結構良いんじゃないかな。




肌パーツ仕上がりィ!おあがりよっ!(違
シャドーが面倒でした(;^ω^) しかも結構アラが目立つ~w
DSC03820up.jpg



今回の肌色は何度か塗り直す位には苦戦しました。

調色は、ノーツフレッシュピンク+サフレスフレッシュ二色+色ノ源シアン。
シアンを入れないと全く黒くなりませんが、(酔っ払ったように赤くなっていく)
一滴単位で混ぜてしまうとあっという間にドス黒くなってしまうので少しずつ。

それと今回はノーツフレッシュが入っているので、厳密にはサフレスではありません。
4回位色作りましたが、こういう白っぽい顔料の入った色を使わないと日焼け肌っぽくできませんでした。
透明感は多少損なわれていますが、まあこの位なら許容範囲かなあ。
それよりシャドーのミスが目立つ!(笑



続きはまただいぶ先になりそうですね~。

年度末は業務が本当にキッツイです(;´Д`)
残業代が出るのが、せめてもの救いですかね。
あ、それって普通ですか?そうですか。そう・・・。


ではまた。
2017/11/15

ジェットストリーム 魔神リリィ その2

こんばんは。
約2ヶ月ぶりにガレキの記事です。やっと模型に戻れるぜって気分で、
魔神リリィの続きの記事です~(^o^)



前回はキット紹介で終わっていたので、表面処理から。
・・・と言いたい所ですが、ほとんど撮ってないので少しだけ。
剣のベルトの金具部分が埋まってるのを~。
DSC03417up.jpg





彫ってみたり。
キットの出来が凄まじく良いので、ディテールアップみたいな作業はほぼ無しです。
複製の都合で埋まってる部分を処理したり、塗り分けのモールドを彫ったり。
もちろん、この後の表面処理は割りと面倒でしたが。
DSC03485up.jpg





各所の接合部は丸の凹凸があるタイプで、今は結構レアな形だと思います。
こういう部分も、原型師さんの個性が出て面白いですよね~(^o^)
DSC03476up.jpg





ここに軸を打つのだ。と言わんばかりに微妙な凹凸がつけてあったので、それに従いましたw
DSC03477up.jpg





なんのかんのあって、仮組み完成!
うーん。もう塗らなくていいんじゃないの?って程、素晴らしい造形です。
そして自立します。右腕を外すと倒れる位、絶妙なバランス。
DSC03481up.jpg





正確な姿形を写真でお伝えするのは難しいですが、
美少女フィギュアとしては脚が短めだったりアタマが大きめだったりで、
通?好みのプロポーションです。胸がやや控えめなのは、原作の設定通りなんでしょうかね。
DSC03479up.jpg





目は入れ目で、思いっきり造形されてます。
リバーシブルでシンプルなモールドのも選べますが、
せっかくなので立体的なこちらの目で塗ろうと思います。
DSC03484up.jpg





軸打ちがヘタなので、右脚~尻の間に隙間が空いてる部分が。
このへんはもうちょい修正が必要ですな。
DSC03491up.jpg





左脚もです。うーん。軸打ちがヘタなんですなぁ。
こっちはすり合わせをしっかりしないと目立ちそう。
DSC03492up.jpg





大きく見えるかも知れませんが、全高は21センチくらい。
友情出演はママチャップトイのもこさん。
本当は作業を手伝ってる風に撮りたいんですが、アレってすんごい難しいですね!
さり気なく撮ってるドール勢の皆さんに脱帽。
DSC03488up.jpg





約一年ぶりに登場したので、もこさんも一枚撮っておきます。
元々ヒヨコの着ぐるみ姿でしたが、初心者が、いの一番で買うであろうアリス服に。
帽子は大きすぎますが、短髪なので被る物が無いと金太郎ちゃんになってまうので。
DSC03490up.jpg
この子にはもっと小さい帽子が必要ですな。自分で編めたら面白いかも?





次回は続きを。と言いたい所ですが、訳あって別のキットを作り始めると思います。
では、また。
2017/09/20

ジェットストリーム 魔神リリィ その1

こんばんは。

今日から新しいキットに着手します!
今回もまたフィギュアのガレキをば。
ジェットストリーム(タナカマサノリさん原型)の、魔神リリィです。


こちらは速水螺旋人という作家さんの漫画、「オープンダイス・キングダム」
の登場人物となっています。今回はキット紹介~。



こんな感じです。全17パーツ。覚えている方がいるかは分かりませんが、
以前のワンフェスのレポートで写真を撮らせてもらっています。
DSC03343up.jpg





構成部品拡大。
DSC03344up.jpg





確か自家複製だったとお聞きしましたが、
こんな複雑な形が抜けるんだなあという様な部分が沢山あります。
パーティングラインの段差は割りと少なく、気泡も多少。合いも良さそうです(^o^)
DSC03345up.jpg





しかし、このへんとか、モールド彫り工程でエライ時間がかかりそうです。
というか全パーツに渡り、意匠が非常に凝ってます!
私のガレキ史上、一番難しいキットという認識で間違い無さそうですね~(^_^;)
DSC03349up.jpg




まずはガレキの儀式、クレンザー磨き+離型剤落としまでやって本日は終了。
なんだかコミカルな絵になったんで撮ってみましたw
原作ではこういう面白いキャラなので、まあ許されるでしょうw
DSC03350up.jpg





ちな原作。
DSC03371up.jpg





「星をも食らい尽くす貪欲魔王デスモスチルスが愛娘、
その性淫蕩にして混沌の化身、博徒の守護者、悪意の司祭、スペードの女王、
わいせつなる有害指定の魔神リリィとはウチのことや!」

なーんててんこ盛り設定で登場するヘンタイなおねえちゃんなんですが、
元になってる迷宮キングダムをさっぱり知らないので、この子が原作に出てくるかは知りませんです。
DSC03372up.jpg




では、今日はキット紹介でした。
それと、模型と関係無いちょっと変わった事も同時進行してるので、
そちらも後日紹介します~。

では、今日はこのへんで失礼しますm(_ _)m