2017/04/23

1/35知波単学園 福田ちゃん その5

こんばんは。

今日は福田ちゃんを最後まで。
主にメガネですね~。
終わってはいたんですが、仕事がバタバタしてきまして(^_^;)


元々キットに付属していたメガネなんですが、
どうやら幅が足りずに掛けられないみたいでした。
綺麗に切って、中央を別パーツで繋ぐなどを考えたんですが、
残念ながら綺麗に整形できなかったので、真鍮線ででっち上げる事に。



試しに作ってみました。材料は0.29ミリのポリウレタン銅線。
コーンプライヤーを使って一筆書きの要領で。
右のがキットの付属メガネです。
DSC02749up.jpg

ですが、掛けてみると太いし真ん中の部分がかなりゴッツイのでお蔵入り。
それと、微妙に左右非対称だったりすると非常に目立ちます。
もしかしてメガネとはシンメトリーの代表的なシンボルなのか!?
とか意味の分からない事を考えるくらい気になります(^_^;)





ちなみにコーンプライヤーというのはこちら。
アキバの鉄道模型屋さんで買ったツノダのTM-09というモデル。
何か買わないと出づらい雰囲気のお店で、とりあえず・・・と買った覚えがありますw
DSC02780up.jpg




ちなみに、円錐部分でくわえて、指を軸にしてプライヤーをひねる感じで使います。
これは1ミリの真鍮線。アクセサリーなんかを作る方も使うようですな。
DSC02781up.jpg





結局0.2ミリの真鍮線を使いました。固くて反発力があるので巻きにくいんですが、
こんな形に。二重になるところをなるべく減らしました。
?マークの開口部を無くしたような形ですね。ツルを縦に折り曲げてこんな感じに。
DSC02752up.jpg




いきなり完成!ツルをレッド、マゼンタを混ぜて。フレームはスターブライトシルバー。
ヘルメットの下端に瞬着で接着して、最後に真ん中のツルを接着。
接着力にやや不安がありますが、動かさないので大丈夫でしょう。
DSC02765up.jpg




これで福田ちゃんは終了で、残すは写真かな~と思っていたんですが、
ちょーっとさみしいのでジオラマもどきの物を作ることに。


作ることに・・・したんですが、現状全然うまくできなくて止まってますw
ちなみにこんな感じで右往左往。既に駄作のヨカーン/(^o^)\
DSC02766up.jpg



なので次回からは福田ちゃんの続きのジオラマ編という事でスタートします。
えらい引っ張ってしまいますが、多分それほど記事数は増えないんじゃないかなという所。
増えないといいな!(希望


では、今日はこの辺で失礼しますm(__)m
2017/04/18

1/35知波単学園 福田ちゃん その4

こんばんは。

本日は顔を。駆け足ですが、目描きの終わりまで進めます~。


それと1/35のフィギュアとは言え、やはり美少女フィギュアのくくりだと思いますので、
一番やり慣れている「クリアラッカー下地のエナメル筆塗り、その都度コート作戦」
で塗りました。何気に語呂が良いw



まずはまつ毛から。いきなり前髪だのメットのあごひもだのが終わってます。
まつ毛と髪はブラックグリーン、あごひもはハルレッドです。
二回位やりなおしてこんな感じ。






お次は瞳の輪郭線~。こちらも何度かやり直しました。
この位のサイズになるとまともな太さの線は引けなかったので、
筆で引いた線の2/3位を溶剤で消してこの位の太さにしました。
DSC02741up.jpg





一度クリアコートして一気に最後まで。
DSC02743up.jpg


順番は、
瞳の中をレッドブラウンとブラックグリーンを混ぜて筆塗り。
明暗つけて3段階にグラデーションを。ブレンディングでは無くてベタ塗りの3段階です。

瞳の中央はフラットブラックで縦長に。中央はフラットホワイト。

ハイライトは大きい方がフラットホワイト、右下の小さい方がレッドブラウン、
フラットフレッシュ、フラットホワイトを混ぜて。

頬のチークはアニメチックに。ピンク、レッド、オレンジを混ぜて。
ハイライトにフラットホワイト。

口の中はピンクとオレンジを混ぜて。

な感じです。



お次は眉毛。困ったような感じにしたかったので左右非対称に。
瞳の輪郭線と同じように、ほとんどを溶剤でぬぐって細くしました。
色はブラックグリーン。この色本当に万能ですw黒ほど浮かないし。
DSC02744up.jpg





艶消しして、瞳だけエナメルクリアで艶を戻して完成!
大きさはこんな感じ。顔全体は8ミリ位、白目全体が2ミリ、瞳は縦1.2ミリ、横0.9ミリ。
目一杯マクロだからか色がすごい赤いですが、上の写真の方が実物に近いですな。
DSC02757up.jpg


今回は、ウィンザー&ニュートンのシリーズ7、ミニチュア000を二本使って、
一つを修正用、一つを塗装用で作業しました。
修正はいつもは何かしらの綿棒ですが、綿棒が使える大きさではありませんでした。
なので筆を。時間は4日位かな?実質作業時間は丸一日位だと思います。


意外と悪くないじゃん!と思われた方、実はこれ、「8倍の実体顕微鏡」
を使って塗装しました(^_^;)今回初投入でしたが、意外と難しくなく使えました。
自分で手に持ってるはずのフィギュアの顔と筆先が行方不明になる事は良くありましたがw


そして何より手の震えが邪魔ぁぁぁぁ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
特にカフェインが入ってる時は心臓の鼓動が大きいので、さっぱり作業になりませんでしたw
試してませんが、当然アルコールもNGでしょうw


さて、使用した実体顕微鏡なんかは、次回あたり紹介したいと思います。
ついでにそこで仕入れたリュータービットなんかも。



そして最後のメガネで作業停止してます。ちょーっとまずい状況です(^_^;)
全然、顔にフィットしない→アレコレしてるうちに破損。スペアも破損/(^o^)\
な感じですwもう作るしか・・・。



では、今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m
2017/04/15

1/35知波単学園 福田ちゃん その3

こんばんは。
今日もドンドコ進めます~。

まずは肌色から。ちょっと写真がアレですが、どんな風かは分かると思います。
マニュアルモードで撮ってるので、シャッターの設定を毎回変えないと、
明暗がバラバラなんですが、今回は明るすぎて白飛び気味に。
夢中で作業してると、写真の設定の事なぞ忘れてて毎度やらかします(^_^;)




顔、足、腰のパーツです。顔はシャドーが入れられませんでしたが、
足と腰はまあまあ健闘できたかな?という所。写真が悪くてさっぱり分かりませんがw
調色はいつも通りサフレスフレッシュピンク&同オレンジでエアブラシ。ピンク寄りです。
白目はマスキングゾルでマスキングしておきました。
DSC02721up.jpg





パンツはこんな風に。真っ白だと面白くないんで、白にピンクを少々混ぜてエアブラシ。
乾燥後、クリアにピンク色のパール粉を混ぜてコートして完成。
DSC02724up.jpg




写真が真っ白であんまりなので、シャドーを入れた(つもりの)腰と足を組んでみました。
左足が外れそうですがお気になさらず(;^ω^)例によって艶調整は最後にします。
DSC02747up.jpg





お次は服の続き~。襟は調色が迷走しましたが、
ブラウン、マホガニー、マルーン、ブラックを混ぜてエアブラシ。
ちょっと暗すぎたか・・・。プラウダのバトルジャケットの襟っぽい色になってしまいました。






スライムに飲み込まれた人みたいですが、襟章をちょっとだけ塗り分けます。
DSC02725up.jpg





ブラックにネイビーブルーを混ぜてエアブラシ。
DSC02726up_2017041520251273f.jpg




襟章の縁取りはフラットホワイトを筆塗り。
設定では襟章の中に、白で「知」の文字が入るのですが、どうやっても無理でしたw
服のボタンはフラットホワイトとRLMグレイを混ぜて筆塗り。
DSC02729up.jpg





メットのマークをエナメルのライトブルーとRLMグレイを混ぜて筆塗り。
リボンはエナメルのフラットフレッシュとイエローグリーンを混ぜて筆塗りで完成!
実はマークの真ん中の凹みモールドを埋めない様に筆塗りするのに難儀したという(;^ω^)
DSC02733up.jpg





さて、これで首から下は艶調整を残して完成しました!
次回からは顔に入ります~。


では今日はこの辺で失礼します。
2017/04/13

1/35知波単学園 福田ちゃん その2

こんばんは。

今日は福田ちゃんの続きを進めます。
仮組みしたものをバラして表面処理の続きからですが、
パーティングラインなどがよく見えないので、一度灰色のサフを吹きました。


乾燥後~。おおおっ!ディテールが良く見えるっ!
パーティングラインの処理漏れも見えますが、非常に抜きが良いので極小ですな。
ところでハーゲンダッツのフタは大変便利です。これだけ売って欲しいw
DSC02690up.jpg





それでもこういう所は結構残ってるので、デザインナイフなどで処理~。
DSC02692up.jpg





ナイフとペーパーで磨いて、下地を出して行きます。白くなってれば、
足付けも完了したという事で。ただ、服の前側、顔、メットは断念。
細かい造形が無くなってしまうので、触らない方が良いと判断しました。
DSC02694up.jpg





一度全部ドボンして、改めてメタルプライマーを吹きました。
この瞬間は結構好きです(^o^) メタプラの匂いもw
今回は薄めに溶いたのを、一回で終了。
DSC02695up.jpg





一晩乾かして、色を塗っていきます。
まずは簡単そうな所からという事でスカートのシャドー。
サンディブラウンとタイヤブラックとブラック。割合は失念(^O^;)
DSC02697up.jpg





スカートのオーバーコート。キャラクターイエローとサンディブラウンとホワイト。
こちらも割合は失念。うーん。紹介してる意味がない/(^o^)\
DSC02699up.jpg





お次は服など。撮ってませんが、手を先に塗ってます。サフレスフレッシュピンク&オレンジ。
指のモールドに添って筆塗り、エアブラシ。クリアコートして乾いたらマスキングゾル。

服のシャドーはマホガニとダークアースが2:1
案外、細かい所もシャドーが効かせられました。戦車の迷彩で慣らしたお陰ですね!
DSC02711up.jpg






オーバーコートの色はダークアースとダークイエローが5:2。
メットも一緒に塗ってます。メットのシャドーがうまくできたような(^o^)
ピント合ってませんがブーツ1色目はレッドブラウンとダークアースが1:1。
DSC02713up.jpg






ブーツの続きです。マスキングして写真は二色目。
色は服と同じ。シャドーもかけてます。
DSC02714up.jpg





マスキングして靴底三色目。乾燥後剥がしてこんな感じ。
靴底の色はグレートーン1にダークイエロー少々。
マスク剥がす時にピンセットの先端で色を剥がしてしまいました(^O^;)
DSC02719up.jpg





剥がれをタッチアップして、シャドーを再調整、一度クリア。
乾燥後にチャックの部分をエナメルのクロームシルバーで筆塗り。
その下をグレーでスミ入れして、完成!艶は最後に調整します。


大きさが伝わるかなあと、手に乗せたのを一枚。
ご覧の通りで、リボン以外はそれほど小さく無いんですよ。
高さは8ミリ位。模型塗ってる方なら結構出てくる位の大きさだと思います。
DSC02738up.jpg





今回は写真が多すぎたので、マスキングの工程なんかを省いて紹介しました。
最近時間がかなり取れているので、幸先良く進んでいますw


何だか久々にフィギュアを塗ってる気がしますが、
やはりマスキングとクリアの工程が非常に多いですね!
混色も手間ですし。この辺りが時間がかかる理由なんでしょうねえ。




次回は、メット、服の続きと肌色なんかを進めます~。
パンツもあるでよ!(予定


今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m
2017/04/10

1/35知波単学園 福田ちゃん その1

こんばんは。

今日から、九五式に乗せる福田ちゃんを組んでいきます。
2016夏のワンフェスで購入したキロハナさんの、「1/35知波単学園 福田ちゃん」です。
何しろ小さいです。これに尽きます(^_^;)




キットはこんな感じです。一円玉なんて置いちゃったりしてw
恐らく、1/35フィギュアとしては相当にパーツ分けが細かいんじゃないでしょうか?
エアブラシ派としては嬉しい分割!
DSC02663up.jpg





何が何だかサッパリ分からないと思いますのでアップで。
ピンセットの先端で指しているのはリボンです。使うのは下の小さいのだけ。
ちなみにカッターマットの緑のドットが直径1ミリ。こんなパーツが抜ける事に驚きます(^_^;)
DSC02667up.jpg
服の中の前半分くらいはゲートです。これ、リューター持ってなかったら、
どうやって処理するんでしょう?カッターもニッパーも入らんぞな。
彫刻刀では横向きに彫れないし?




ゲートをワシワシ落として、見えるパーティングラインを削り~。
撮ってませんが、離型剤も落としました。調色皿一枚に全パーツ入りましたw


リボンはメットにくっつけてしまいました。確実に無くしてしまうので(;・∀・)
しかし、小さいレジンパーツは柔らかくて脆いので、扱いが難しいですねえ。
DSC02670up.jpg





0.5ミリの真鍮線がギリ打てたので、軸打ちできる所は軸打ち~。
三つ編みも、0.5が打てました。真鍮線が透ける程ギリな部分もありましたが、
黒髪なので透けても大丈夫でしょう(^o^)
DSC02672up.jpg





何はともあれ仮組み~。
なんだ、組んでみると意外とちいさくな・・・くないです(^_^;)
DSC02673up.jpg



今回、エアブラシメインのいつもの塗り方が通用するのか、ちょっと怪しくなってきました。
塗りつぶすだけならともかく、シャドーは入れられるかな?という感じですw

何より考えてしまうのは、瞳の塗装ですね~。目のモールドが2ミリしか無いYO!
2ミリって、爪楊枝の断面位だよ・・・(;´Д`)



ただ、キットの状態はレジンキットとしては最高と思える感じです。
ゲート跡がゴッツいのにやや難儀する部分(胴体の中とか)がありますが、
パーティングラインはごく小さいし。感心しっぱなしな感じでした(^o^)


色々泣き言も書きましたが、最終的には毎回どうにか乗り切れている?
ので、今回もまあ楽観的に進められればなと思います。
ただし出来がどうなるかはともかく。ですよ!w


とりあえず部品が小さくてパーティングラインがあまり見えないので、
灰色で捨てサフ吹いてみようと思います。
次回からはそれを~。


今日はこのへんで失礼しますm(_ _)m