2017/05/24

ハセガワ 飛燕Ⅰ型「飛燕のお蛍」 その3

こんばんは。
今日はコックピットを最後まで進めたので記事にします。



まずは座席周辺から~。それぞれの操縦桿やらレバーやらを。
色合いなんかは、皆様の作例をお手本に真似してます。
ほとんどの装置が何に使うか分かってませんのでw






お次は座席を。・・・なんですが、これシートベルトがついてないんです。
せっかくなので、でっち上げてみます。材料は虫ピンと鉛板。
DSC02932up.jpg





プライヤーレンチで薄く潰した鉛板を切り出して、
0.3ミリの真鍮線を四角く折り曲げて金具風に。
DSC02933up.jpg





金具を巻いて裏側に二重に折り返して~。
DSC02934up.jpg





ソフト99の灰サフ→レッドブラウンをエアブラシして、虫ピンで椅子へ留めて完成!
虫ピンはタイヤブラックで。本来この虫ピンの位置に金具は来ないかも知れませんが、
周りにスペースが無さそうなので良い事にしました(^_^;)
DSC02936up.jpg





それぞれ塗り分けた座席と周辺のパーツを組み合わせてこんな感じ。
うーむ。テンション上がります。
DSC02937up.jpg





ついでに計器盤下のペダルにも外れ止めのベルトを。
材料は潰した耐熱電子ワイヤーを。見えにくいですが、先端を潰してあります。
DSC02929up.jpg





適当に切り出して、レッドブラウンで塗装、接着して完成。
芯線が浮き出て見えてるのがいい感じのアクセントになったような。
DSC02944up.jpg





んで、チマチマ塗り分けていたコックピット周辺の部品を接着してまとめてみました。
モールドの無い部分も、ネットで見つけた画像を参考に塗り分けました。
割りと手間でしたが組み上げるとテンション上がります。よっしゃよっしゃ!
DSC02945up.jpg



これでようやくコックピットが終わりなのかな?という所です。
まだランナーを見ると9割くらい部品が残っていて先が思いやられますが、
ちょっとづつ進めていきたいと思います。


忙しい部署へ異動した関係で、やはり平日はほとんど時間がとれないので、
次も記事の更新は一週間後になるかと思います~。

ただ通勤時間も残業時間も思ってたほどでは無いので、
慣れてくれば少しづつ平日も作業できるかもなと思います(^o^)
少なくとも午前様になるような事は今のところありませんw



では今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m
2017/05/17

ハセガワ 飛燕Ⅰ型「飛燕のお蛍」 その2

こんばんは。

ゆっくり進行ですが、少し進みましたので一回記事にします~。
今日はフィギュアを一体、仮組みまでと、計器盤の途中までを。


まずはフィギュアの方。いきなり軸打ち終わってますが、
干渉する部位だけゲート落として、髪と頭、腕だけ軸打ちすれば仮組みできます。
DSC02915up.jpg
案外気泡やバリがキツイですね~。ゲートも大きめです。
襟のモールドに気泡が集中してるので、綺麗にできないかも(^O^;)





ナイスバディー( ´∀`)bグッ!
ワチャワチャしてますが、左手にはタオルを持ってるみたいですな。
大きさは5センチ位。福田ちゃんより少し大きいです。目はずっと小さいですが(;・∀・)
DSC02916up.jpg
うーん、改めて美少女フィギュアっぽくない造形。難しそうです。
エアブラシオンリーだとマスキング14工程位ですかね。
境界線がしっかりしてないので、筆塗り併用ですかねえ。




フィギュアは複製の程度の確認がてらだったのでここまでにして、機体の方を。
インスト通りに進めます。計器盤からですな。モールドが非常に細かいのでサフは無しで。
写真は成型色です。なんでこんなの撮ったんだろう・・・w
DSC02918up.jpg





エアブラシで黒→クリアをを吹いて、エナメルの白と灰を混ぜて筆塗り~。
今まで塗ったことのない細かさですw 飛行機模型の洗礼を受けてる感じw
DSC02921up.jpg





ネットで飛燕の計器盤の復元模型なんかを参考に、基本塗装終了。
下のカッターマットの緑のドット一つが直径1ミリなので、とても小さいです。
やってやるぜ!と意気込んたものの、私ではこれ以上は細かく書き込みできない感じ。
DSC02923up.jpg





その下の通信機です。ここはディテールアップしてみようかと。
右下と左上に0.4ミリの穴を開けて~。
DSC02925up.jpg





このブログでは時々登場する、耐熱電子ワイヤーとアドラーズネストのリベットヘッド。
今回は頭の径が0.8ミリのMサイズを使いました。
DSC02924up.jpg





被覆を剥いて、リベットヘッドに巻きつけ、瞬着で固定して打ち込んでこんな感じ。
丸端子のスリーブ部分っぽく、アルミテープも巻いてみました。
結構オーバースケールだな(;´Д`) 伸ばしランナーのが良かったか・・・。
DSC02926up.jpg
これだとバッテリーのブースターケーブル位の太さがあるように見えますね。うーん・・・w
しかし、この線は何なんでしょう。接続先がボディでアース線みたいだけど、そんなものを表に出す訳は無いし。





とりあえず、架台に載せてみました。
こう、組んでようやく何の部品か分かるものも出てきて、圧倒的に知識が足りてない感じ。
「おおっ!これペダルだったのか!」みたいなw
DSC02927up.jpg




なんと、休みを丸2日かけてここまでです(^_^;)
のんびりやってたとは言え、先が思いやられるぜっ!w



では、今日はこの辺で失礼します~。
2017/05/14

ハセガワ 飛燕Ⅰ型「飛燕のお蛍」 その1

こんにちは。
今日から新しいキットを作っていきます。


実はゴールデンウィーク中にジムや、
DSC02845up.jpg




新しくガレキなんかを
DSC02827up.jpg


作り始めていたんですが、
気が変わって別の物を始めることにしました。なので記事のストックはゼロですw


今日は紹介だけ。例によって漫画とのコラボのシリーズです。
ハセガワのクリエイターワークスってシリーズみたいです。
・・・メッチャ箱が大きいですな。
DSC02816up.jpg





このキットは、「紫電改のマキ」という漫画が元ネタになっています。
この飛燕は、主人公の通う学校の先輩にあたる「古嵐蛍」という子が乗っている機体です。
DSC02893up.jpg
ついでにPC画面に、大好きなゲーム実況チャンネルである「2BRO」の宣伝をしておきますw
今はPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSとLittle Nightmaresが面白いですよ。




話が逸れましたが、ランナー紹介~。
DSC02818up.jpg






DSC02819up.jpg





フィギュアがついてます。これが購入の決め手でした。
DSC02821up.jpg





フィギュアを見てみます。1/32という事でサイズは相変わらず小さいんですが、
造形のジャンルや分割が、美少女フィギュアでは無くてヒストリカルフィギュアっぽいです。
恐らく筆での塗装を前提に作られているので、そのあたりをどうするかですね~。
DSC02894up.jpg






目が小さい上メガネが邪魔((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
それにしても男らしいご尊顔です。ウルトラマンセブンみたい。
大丈夫かこれ可愛くなるのか・・・?
DSC02895up.jpg





色々と不安な感じですが、まあ物は試しという事で。
今日はキット紹介でした。
平日はしばらくの間はキットに手が付けられない日が続くと思いますが、
休みに取り返して行こうと思いますのでよろしくお願いします~。